ベトナム旅行 '14 その7 ベトナムのバイク  

entry244 ベトナム旅行 '14 序 競馬はないけど旅に出た
entry247 ベトナム旅行 '14 その1 ベトナムという国
entry255 ベトナム旅行 '14 その2 ビールとタバコとコンビニ
entry259 ベトナム旅行 '14 その3 ベトナム航空とホテル
entry260 ベトナム旅行 '14 その4 黄昏のデイリークイーン
entry260 ベトナム旅行 '14 その5 ベトナムの水
entry267 ベトナム旅行 '14 その6 ベトナムのタクシー
entry270 ベトナム旅行 '14 その7 ベトナムのバイク
entry278 ベトナム旅行 '14 その8 メコンデルタ
entry444 ベトナム旅行 '14 番外 モヤさまinホーチミン


いやぁ~すごかったです、量が。
でも見ているのが面白い、なんでこれで事故しない?と不思議なくらいに面白かった(笑)。
実際には事故をするんでしょうが、私は滞在中に一度も事故を見ませんでした。





交差点の信号待ちは、あっという間に30台ぐらいが溜まります。
青と同時にマラソンのスタートのように一斉に走り出す、もちろん反対側からも。
たまに自転車が混じり、物売りの屋台を引くオバチャンも混じる。




横断歩道があるなしにかかわらず、その右折左折するバイクのドライバーと目で合図しながら横断歩道を渡ります。
横断歩道があるところではバイクはちゃんと止まってくれますよ。
コツは、『走るな、不振な動きをするな、運転者とアイコンタクト』です。
これに気をつけて渡ってみると、意外と簡単でしたね。
初めは「これは殺される」かと思いましたが、無茶苦茶なスピードは出していないので、すぐ慣れてしまい平気で渡れるようになるんですよ、これが(笑)。
1度成功すると、あとはスイスイと渡れるようになりました。




歩道だろうがどこだろうか関係なしですよ、次々に走ってきます。

ガイドさんに『バッグが必ずタスキ掛け。カメラはストラップを首に掛けるか、手に巻きつける。
携帯電話・スマホはバッグから出さないで』
と言われていました。
確かにそのとおりで、これじゃあ取られ放題ですよ(爆)。





ホーチミンシティのバイクは私が見た感じでだと、60%がホンダ、30%がヤマハ、残り10%が他社。
そんなイメージでした。

ちょうど警察が仕事をしているところを見ました。
2人乗り、3人乗りはO.K、でもノーヘルはN.G、そんな感じでしたよ。
白バイは、ホンダCB250。


地方や高速道路だと大型のバイクが必要なんでしょうが、スピードを出せないホーチミンシティではこのサイズで事足りるんでしょうね。

大多数の人が被っているヘルメットは、被って意味があるのかどうかわからないような、1つ300円程度のチープなものです。



バイク、スクーターはピーピープープーとクラクションを鳴らしますが、それは対向車や歩行者に向けて鳴らしているわけではなく、後ろから抜き去ろうとする時に自分の存在を知らせる意味だと思います。

「アンタの後ろに俺がいるから、進路変更するなよ」という感じで。



バイク、スクーターに乗っている人はマスクを着けています。
私も一応予防の意味で日本から使い捨てマスクと、のど飴を持参しましたが使いませんでした。(のど飴は飛行機で役立ちました)
そりゃあ排ガス臭いですけど、それもニョクマムの匂いが消してくれました。
空は雨季だったので雨が定期的に汚れた空気を洗い流すからか、空は青くきれいでした。



これはメコンデルタに向かう道路沿いの売店で売っているマスクです。
ホーチミンシティではタバコやバインミーの露店と同じように売っていました。

マスクを2つ買ってきました。
大人用と子供用です。
実用というよりは、ブログのネタとしてです。
1つ10,000ドンだったので2つ買いました。2つで100円=1米ドルです。
観光客用の値段でしょうから「マックワー!」(高すぎる)と言って交渉したら安くなったでしょうがね。
たくさんいらないし、半端な額のドンの釣りをもらってもね(笑)。
裏はメッシュになっています。





■バイクでデリバリー
ベトナムでは何でもアリでした。
こんなバイクがたくさん走っているので、メコンデルタに向かう2時間のバスもとても寝ている暇はありませんでしたよ(笑)。

これは金魚売りのバイクです。


これはスナック菓子を配達するバイクです。




今回見た荷物配達で一番凄いとおもったのが、ホワイトボードを運ぶ人でした。
(写真はありません)
会議室等に置いてある脚付きのホワイトボードの部分だけで1m×2mくらいの普通のサイズのヤツ。
ボードと脚は別々にバラした状態でしたが、それをスクーターで一人で運んでいるんですよ。
ボードを盾のようにスクーターの前に持ち、信号で止まった時に前方を確認し、あとは全く前を見ない状態。
こんなのが普通に走っているのでみんな驚かないし、突然現れても対処できるスピードで走っているんでしょうね。
よくまあ警察に遭遇しなかったなぁ~と思いました。
さすがにこれは捕まるでしょ(笑)。
関連記事

category: ベトナム・ホーチミン'14

tb: --   cm: 4

コメント

バイク

ベトナムねた、続きますね。(笑)

学生時代はバイク乗りでしたが、ベトナムは
かなりゆっくり走ってるんですかね。
中型2輪だとアイコンタクトで止まれる様な
スピードじゃないですよね。スクーターでも
今のは結構スピード出ます。

公共交通機関がしょぼいんですかね。
バスをしっかり運行した方が効率的な気が
しますね~。

へてきち #- | URL
2014/07/31 11:18 | edit

■へてきちさん。

ホーチミン市内は自転車とあまり変わらないスピードですね。
子供を間に挟んで親子3人乗り、子供ノーヘルは当たり前でしたから。
親が被っているヘルメットは、衝撃緩衝材なしですし。

郊外はそれなりに出してました。

ベトナムネタはまだまだありますが、キャロット募集馬検討に時間を使おうと思います。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2014/07/31 12:21 | edit

確か台湾も凄いバイクの数だったような。
日本はやはりいい国事情なんですかね(笑)

ラム #- | URL
2014/08/02 08:13 | edit

■ラムさん。

じゃ台湾に確認に行ってきましょうか。

と、いいたいところですが、台湾はマナーの悪い中国旅行客の激増で日本人旅行客が激減らしいです。

他に行くとこを探します(笑)。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2014/08/02 22:46 | edit

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ