2014年募集馬見学ツアー(その2)  

では今日も雑談程度に書きます。

まず、今年も8月は雨が多かったので雨負けしている馬が多いかなぁ~と思ってツアーに行ったのですが、見た感じはそうでもなかったなぁ。
しかし「ん?」と思って触ってみるとシコリのように硬いのがあるんですよね。
どんなのかというと、ビー玉やパチンコ玉を半分に割った大きさが皮膚に張り付いている感じです。

今年は胸前や前肢の毛と皮膚が剥がれた馬が多かったですね。
人間ならば頭にドリフのカツラのような10円ハゲができたら髪の毛は生えてこないでしょ。
馬は毛も皮膚も再生されるんですよねぇ。
羨ましいですね(爆)。
何で毛と皮膚が剥がれるかというと、放牧中に立ち上がって相撲と取るから蹄が当って剥げちゃうんです。
男馬特有でメス馬にはないですね。


それと、預託厩舎が『新規開業厩舎』になっている馬ですが、これはどこに入れるか決まっているのですが、まだ開業していないので正式に発表できないだけなんですよ。
ツアーでも聞けば教えてもらえましたが、出資予定の方はクラブに直接問い合わせてみてください。
私も正式に発表されていないものは書けないので。


昨年私が出資した馬を引いていたスタッフが私の今年の検討対象馬を引いていたんですよ、何頭も。
何か縁があるんですかね。
昨年出資した気性に問題あり?の馬を引いていた人が、今年の気性に問題あり?の馬を引いていたんです。
やっぱりそうなんですかね。


昨年のツアーでジェットブラックのことを聞いたスタッフが今年もいたので話を聞いてみました。
「前走はもっとやれると思ったんですけどね」ということでした。
すみませんね、引いている馬のことは何も聞かずにジェットブラックのことばかり聞いて。
他の日は人気していたようですが、金曜は暇そうだったんですよ。


では雑談のネタ程度に書いてみます。
写真は加工する余裕がないので省略です。


■23.カラベルラティーナ
金曜のY9&10ステージ(牡馬25頭)での一番の大喰らいらしいですよ。
一度飼い葉桶に頭を突っ込んだらカラになるまで一度も頭を上げないとか。
女の子では引けないくらいに力強いパワータイプ。


■39.シンハリーズ
右前肢裏球節上のボッコリは外傷痕だそうです。
どうだろぉ、カタログ写真よりは小さくなっていたかな。
成長するにしたがって吸収されるか、そのまま残るかという感じらしいです。


■46.ディアデラノビア
昨年のDVDで全兄を引いていたスタッフが今年のDVDで全弟を引いていましたね。
しかし、昨年のツアーで全兄を引いていた人は男性で、今年は女性でした。
じゃあ誰に話を聞いたらいいかというと。。。
DVDで兄弟を引いていて、育成厩舎で全兄に乗っていた人です!
私は母馬優先も×もないので関係ない馬ですから何も聞いていませんが(爆)。

で、そのスタッフは今年のツアーではどの馬を引いていたでしょうか?

DVDでレーヴディマンを引いていたスタッフはツアーではシンハリーズを引いていましたしね。特にどうこうということじゃないでしょうけど(笑)。


■62.リーチコンセンサス
この馬に会いに行くというのも今年のツアーの目的でもありました。
今月の会報の『トレーナーファイル』は平田調教師でしたね。
母の大雨の新馬戦のことも書いてありました。
『血は水よりも濃し』は「種牡馬ワークフォース考」という題でこの馬の血統について書いてありますね。

会報は帰ってきてから開封したのですが、ツアーでは「なにアンタっ!勝手に私に触らない
で」
と言わんばかりに触ろうとすると怒ってましたよ(笑)。
慣れない環境で少しテンションが高かったようです。
実際、立ち上がってましたしね。
将来、面倒臭い女になるかもしれませんよ。

母と比べるとトモが薄いんですよね。
スタリオンでのワークフォースの紹介でこの馬のこともコメントされていましたが、フレンチのゴツさとマッチして云々ということでしたが、でも薄いね。


■72.スキッフル
ニコニコした可愛いお姉ちゃんが引いてましたね。
「それで誤魔化す作戦か?」と思いましたが、ボーンシストは一緒に横に立っていたベテラ
ンの男性が説明してました。
要するに、骨がスカスカの部分になんとかという細胞を注射器でブチューっと入れたということらしいですよ。
手術というと大袈裟に聞こえますが、その程度。
聞いても「問題ないです」としか言いませんし、言えませんよね。


■79.ムービングアウト
いやぁ~凄かったですよ、上腕三頭筋。
下から包みすくい上げるように持ってみましたが、何カップぐらいありますかね(笑)。
タップンタップンで柔らかくていい筋肉でしたよ。
それでも馬体に関してはもっとゴツさがあってもいいかなぁと思いました。
個人的なイメージですが、日高で生産された馬というよりは、ノーザンのエリートという感じでしたね。
大人しい馬でしたね、セレクション前にしっかりと馴致されていたんでしょうね。

9/8発表の申し込み数を100%換算すると、一般での当選確率は35%です。
当選確率はもっと下がるでしょうね。
関連記事

category: 2014年度募集馬&見学ツアー

tb: --   cm: 2

コメント

今年は×1を有効にということで高望みしてしまいました。
抽選には弱いくせに(笑)

ラム #- | URL
2014/09/09 23:43 | edit

■ラムさん。

見ましたよ、今年もチャレンジしましたね。
私と1頭も被ってないじゃないですかっ!
最優先の馬ですが、計算してみたら×1ならば可能性はなくはないと思います。
他は半部以上ダメでしょうね。

私が一般で申し込んだ馬は2次にも残るでしょうから、それに出資してくださいね。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2014/09/10 00:17 | edit

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ