クリオージョ  

栗王女ではないですよ、馬の品種の一つ クリオージョ種 (Criollo) のことです。

クリオージョなんていう種類の馬は普通は知りませんよね。
競馬好きな人なら軽種のサラブレッド、アラブ、アングロアラブ、クォーターホース、トロッターまででしょうね。
ちょっと詳しいと乗用だとハンター、アパルーサ、アンダルシアンくらいかな?

私も嫁に話を聞いてもしばらくはクリオージョは品種ではなく、その馬の馬名だと思ってました(笑)。


kotobank(コトバンク)によると
クリオージョ種(Criollo)
南米原産、乗用。アンダルシアン、アラブ、バルブの混じった馬で、アルゼンチンではガウチョの乗る馬として知られる。頑強であり、極限状態で生きることができるという特徴をもつ。アンダルシアン、アラブ、バルブのまじった馬からつくられた。サラブレッドと交配することで優秀なポロ・ポニーが生産される。毛色は河原毛で背に鰻線、肢に縞模様が認められることもある。


10年くらい前の話ですが、その日本に数頭しかいないクリオージョがですね、嫁がよく遊びに行っていた山梨の乗馬クラブにいたんですよ。

エンデュランス競技に参加時の写真もありましたが、ビデオからのキャプチャ画像を置いてみます。
毛色は河原毛(かわらげ)、背の鰻線(まんせん)がわかっていただけるでしょうか?




上の大きくボカしている写真の鞍上が誰かはあえて書きませが、下はクラブスタッフです。




実はその山梨の乗馬クラブで 映画『The Last Samurai』(2003) の日本人キャスト(馬に乗れる役者)のオーディションをやったんだそうです。

もう一つ、実はですねぇ。
私が在籍していた乗馬クラブに役者さんがいたんです。
現代劇にも出演しますが、主に時代劇が多かったかな、それっぽい芸名でしたし。
時代劇の役者は馬に乗れることが必須条件みたいなんですよ。
しばらく乗馬クラブで見ないから仲間に聞いてみたところ「撮影でオーストラリアに行っているらしい」と。
後になってわかったんですが、その映画『The Last Samurai』(2003)の撮影に行っていたんです。
ちなみにその役者さんは、トム・クルーズと真田広之が丘の上でヤットウをやっている時の見物人の一人です。

実際、馬に乗れ山梨の乗馬クラブに出入りしているとドラマや映画のエキストラ、祭りの武者行列のエキストラ等の話がくるようですね。
私はやったことないですけど(笑)。

ついでにもう一つ。
タッキー主演の2005年NHK大河ドラマ『義経』のオープニングに出てくる白い馬は、某オーナーがその山梨の乗馬クラブ置いていた馬なんですよ。
関連記事

category: ▲乗馬、外乗のはなし

tb: --   cm: 6

コメント

濱田屋さんご夫妻・・・山梨に縁があったんですね!山梨県人として誇りに思います(笑)
といいながら未だ乗馬の経験がない私、いつか騎乗デビューをしたいです。

匿名(笑) #- | URL
2014/10/19 05:28 | edit

山梨良いところですね(笑)
馬と関わりが持てる県ですよね♪
若干、暑すぎたり雪降りすぎたりしますが…(笑)

濱田屋さんなら見た目だけでオーディション通るんじゃないですかね!?

ゆうき #- | URL
2014/10/19 07:34 | edit

■笑う匿名さん。

なぜか山梨に縁があったんですよねぇ。
いつなにがどうつながるかわからないもんですね。

馬と馬場があれば、乗馬と下馬ぐらいならいつでも教えますよ(笑)。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2014/10/20 01:02 | edit

■ゆうきさん。

おっ!
ここにも山梨に縁のある人がいましたね!

オーディション通りますかね?
年齢的に落馬する役とか馬に引きずられる役は無理ですよ(爆)。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2014/10/20 01:06 | edit

私にも教えてくださいませ!(爆)

ラム #- | URL
2014/10/22 06:48 | edit

■ラムさん。

ではラムさんにはキャンターまでにしましょうか♪

ラムさんは落馬する覚悟で。
私は落馬させる覚悟で(汗)。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2014/10/22 07:19 | edit

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ