続:躓く馬  

昨年の11月末にentryした entry95 躓く馬 の続きになります。

今年の募集馬見学ツアーで社台SSにて共用されているカジノドライヴを見て来たので腕節(前ヒザ)のことを書いてみます。


現役中の腕節はこうなっていました。
場所は特徴的な厩舎の壁でわかるでしょうが、ファンタストです。

※グリーンchのキャプチャ画像です。

wikipediaによると。。。
2007年の春先に美浦トレーニングセンターの藤沢和雄厩舎に入厩。夏競馬でのデビューを予定していたが、6月に調教のため騎乗した騎手を振り払って放馬。その際に馬がつまずいた。結果フレグモーネを発症し放牧に出され、デビューが遅れた。
となっています。

両前腕節の白くなって毛が生えていないところはその時に負った怪我の痕ですね。

そこが現在どうなっているかというと。。。





10円ハゲがだいぶん小さくなっていました。
ですが、ボッコリと膨らんだ瘤は治りませんね。

私の下手な写真と解説よりも、こちちらで動画を見ていただくほうがわかりやすいでしょう。
Stallions in Japan 2014 カジノドライヴ
関連記事

category: ▲馬体のはなし

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ