バンデージのテカテカシール  

先日のブレイクエースの2戦目のレースを中山に見に行った際に他のレースのパドックを見て気付いたのですが、後肢に使い捨てのバンデージを巻いた際、球節の後ろ側に丸いシールを貼ってある馬がいました。
最近の流行りなんですかね?

写真を撮っていませんが、直径でいうと8cmぐらいのバンデージと同じ色のシールが貼られていました。
一頭だけではなく、たくさんいましたよ。
パドックで見ればテカテカと光るのですぐにわかります。

ブレイクエースは前肢にバンデージを巻いていましたがシールはありませんでした。
また、ラッシュアタックはデビュー戦も2戦も四肢にバンデージを巻いていましたが、シール無しでした。

これはラッシュアタックの後肢バンデージです。
シールは貼られていませんが、貼られる場合は赤丸の部分です。




たぶん後肢を踏み込んだ際に球節の後ろ側が地面に接地するから使い捨ての粘着バンデージがズレるのを防止するためでしょうが、2分間程度の競馬で貼る意味があるんですかね?
バンデージ自体にノリが付いていて、そう簡単にズレたりするもんじゃないと思いますが。。。
クモズレ防止用っていうほどの厚みがあるようには見えませんでした。

ちなみにバンデージを巻く際は巻く方向というものがあって、平泳ぎの手の動きのように内側から外に向かって上から巻いて行き、球節を覆って管に戻るように巻きます。
私はもう何年も巻いていませんが、まだ巻けるかなぁ(汗)。
まァ、もう巻く必要もないですけどね。


先日、1歳馬の動画と静止画が更新されました。
モンローブロンド13は後肢にバンデージを巻いていますね。
球節を覆って繋ぎも覆うように長めに巻かれています。
坂路に入れているのでクモズレの防止でしょう。


※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

登坂時に後肢にバンデージを巻く巻かないは育成厩舎によって違うんでしょうね。
ヴィアンローズ13は巻かれていませんし。




2015.01.04 追記

シールが貼られた脚の写真を追加しておきます。





2016.03.26 追記

『ランダウンパッチ』という名前の商品のようです。

関連記事

category: ▲馬具のはなし

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ