2014年、出資馬の預託厩舎成績  

今年も昨年の出資馬の預託厩舎の成績をまとめてみました。
といってもJRAのWEBサイトのデータをそのまま転載しただけですけど。


2014年の私が出資している馬(登録抹消を含む)の預託厩舎成績です。
(2014.12.29 現在)

【美浦TC】


【栗東TC】



貸付馬房数は、以下の表をもとにしています。

●調教師別貸付馬房数一覧表(美浦)2014.3.1 現在
http://jra.jp/news/201402/pdf/022702_01.pdf

●調教師別貸付馬房数一覧表(栗東)2014.3.1 現在
http://jra.jp/news/201402/pdf/022702_02.pdf


2014年の全国リーディングトレーナーは栗東の矢作調教師でした。
勝利数は54勝、出走回数は523回でどちらもトップです。
ですが勝率は0.103ということで、なんとか1割を確保しています。
まァ、皆さんご存知のとおりで勝ちにこだわるというよりもなるべく数を使って賞金を稼ぐ厩舎ですよね。
ですから、連闘は当たり前ですし、馬房の回転率を上げるため脚元に爆弾を抱えていたり体質が弱い馬はタイミングが合わないとなかなか厩舎に戻してもらえません。

出資馬ではありませんでしたが、キャロットのセントコロナがいい例で、2歳時は9/1にデビューして7戦、3歳時は8/30までに10戦して3着は6回ありましたが、未勝利で終わりました。
これを「勝ち上がれなかったが入着賞金をたくさん稼いでくれた」と取るか「出走回数を減らして確実に勝ち上がらせてほしかった」と取るかは、好みでしょうね。

美浦のリーディングトレーナーは藤澤和調教師でした。
勝利数は53勝、勝率0.170という成績でした。
出走回数は312回ということで馬房数と預託頭数から見れば少ないほうだと思います。
何度も書いていますが、『藤澤和=数を使わない、外厩放置』というイメージがあるでしょうが、やっぱり馬次第なんですよね。
出資馬のホーカーテンペストは2014年は9回出走し、トータルでは29戦しキャロットの2009年産駒ではトップの出走回数です。

勝率の話をすると、美浦では堀調教師は昨年と同じで0.162(出走回数234)でした。
リアルインパクト、エルマンボやネオリアリズムのように走ってくれれば我慢できますが、ストレスの溜まる厩舎でしょうね。

栗東では角居調教師が0.149(勝利数51、出走回数342)、藤原英調教師が0.158(勝利数44、出走回数279)でした。
キャロットで角居厩舎の馬に出資するには母馬優先権を持っていないと、ほぼ不可能ですね。
藤原英厩舎の馬は角居厩舎ほどではないですが、人気しますね。
ですが、ノーザンF生産馬との相性が良くないですし、走らなかった場合は外厩放置と転厩の可能性が非常に高いですよね。
転厩に関しては考え方次第でしょうが、藤原英厩舎が切った馬は不思議と転厩先でも走りませんね。
切るジャッジはさすがだと思います。
まァ、障害の適性がある場合はマジェスティバイオ(中山大障害、中山グランドジャンプ)のようなこともあるでしょうが、そこまで想定して出資する人なんていませんからねぇ。


2013年の成績は コチラ です。
関連記事

category: 出資馬の預託厩舎成績

tb: --   cm: 2

コメント

カズーは本当に馬次第でしょうね。
能力は一流なのは結果や実績を見れば明白ですが。
出来るだけ安い馬で体験したいとバウンスシャッセに申し込み落選した私ですが、もし抽選通ったら多分そんなに不満は無いと思います。

マツパクの馬房数が30になっていたのは驚きでした。
最近馬房数確認してなかったのですが、30って前はいなかったので。

矢作に関しての評価は難しいですね。
走らなければ勝つことは出来ないわけで、その取り組みを評価しても良いのかもしれませんが、使い方次第で勝てたのでは?とも思うわけで。
やはり馬次第、そして結果次第・・・なんでしょうね。

まこと #GCA3nAmE | URL
2015/01/08 12:43 | edit

■まことさん。

やはり馬次第、結果次第なんでしょう。

新年会でも厩舎についていろいろ意見が出ましたが、堀厩舎を良いと言ったは私とへてきちさんだけでした。
昔は仲間内でNGと言っていた厩舎から最近走る馬が出た場合、馬仲間は誰も持っていないとかあるじゃないですか(汗)。
ネットの掲示板やブログでも優良厩舎みたいに書かれていて、ビックリすることがあります(笑)。

「調教師は馬を走らせるも走らせない(使わない)のも仕事」といいますが、これも馬次第でしょうね。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2015/01/09 01:13 | edit

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ