2013年産馬、馬名発表  

2/19に2歳馬の馬名が決まりましたので書いておきます。
今年も予想どおり私の応募は全滅です。
まァ、フランス語やギリシャ語なんて発想は私には無理ですから仕方ありませんね。

■モンローブロンドの13
サーブルオール Sable Or
言語:仏語
由来:金の砂。母名より連想。


私はパトン(patong)で応募しました。
タイのプーケットのパトンビーチ、兄名(ホオキパビーチ)から連想です。
ハービンジャーの母名がマレーシアのPenang Pearlなのでリゾート地つながりでいいかと思ったんですが。
まァ、それは後付で私が夢の中で乗った馬の名前がパトンだったというオチなんですけどね。

砂ですか。。。この馬、ダート馬だと思って出資したんじゃないんですけどね。
金はマリリン・モンローのブロンド(金髪)からの連想ですね。
皆さんご存知でしょうが、実はマリリン・モンローの地毛はブルネットで、ブロンドに染めていたとうニセモノなんですけど。
サーブルオールが芝で走るホンモノであることを祈ります。

Sableってサブレと読むんじゃないんですか。。。



サブレで検索してみたら、ジュリアン・サブレ(Julien Sable)というフランス人のサッカー選手がヒットしましたよ!?

サブレということでこの曲を思い出し、デイヴ・エドモンズを久しぶりに見ました。
20年も経つとこんなになっちゃうんですねぇ。。。
Dave Edmunds - Sabre Dance


シーザリオはシザーリオと書くのが正しいとかなんとか角居調教師も著書の中でコメントしていましたし、先日開催された『2015年四大陸フィギュアスケート選手権』でもSamantha Cesarioはサマンサ・シザーリオと呼ばれていましたね。
まァ、所詮カタカナは言ったもん勝ちなんでしょうね。


■ヴィアンローズの13
アジュールローズ Azur Rose
言語:仏語
由来:青い薔薇。花言葉は奇跡。母名、本馬毛色より連想。


私は、デリーラ(Delilah)で応募しました。
バラの品種の一つ、花言葉は優勝、父名及び母名からの連想です。
ローズを入れるとメス馬っぽく感じるので入れないほうがいいかなぁ~と思ったんですけど。
母ヴィアンローズはフランスで走っていた馬なのでフランス語はO.Kですね。
AzurということでAZUL by moussyのパクリかと思いましたが、スペルが違いました(爆)。


■リーチコンセンサスの13
シュネルギア Synergia
言語:希語(ギリシャ語)
由来:共働、協調。父名、母名より連想。


私は、アイルヴォート(I'll Vote)で応募しました。
私が投票するの意、母名からの連想です。

Reach Consensus
言語:英語
由来:「全員の意見が一致する」の意。大レースにおいても全員の意見が“本命”で一致するような馬になってくれることを願って。


シュネルギアをネットで検索してみましたが、これRPGゲームがネタ元なんですかね?
リーチコンセンサスとワークフォースでギリシャ語を出すなんて私には無理です。
私の財政が破綻しないようにしっかりと走ってくださいよ。
関連記事

category: ●出資馬2013年産

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ