牧場見学2015年3月① NF空港-1  

2015年3月13日から14日まで、1泊2日で北海道のノーザンファーム空港牧場とノーザンファーム早来牧場、そして社台スタリオンステーションに行ってきました。
キャロット・シルクの馬仲間と、なぜか非社台グループ系のクラブ会員さんと馬を見て回りました。

今回も成田からJETSTARの往復で行きました。
旅費が安く済むのは嬉しいのですが、この時期の大雪欠航で代替無しの全部パー覚悟のLCCもなかなかですよ(爆)。

成田空港は今年の4月8日からLCC専用の『第3旅客ターミナル』ができるのですが、それ以降のJETSTARとバニラエアを比較してみたところ、(私の計算では)バニラエアのほうが安くなるんですよねぇ。
また、秋の募集馬見学ツアーを考えると、早朝便になるため成田で前泊の必要が出てきますので羽田からスカイマークのほうが安く済む場合もあります。

今回は苫小牧駅前の『東横イン』に宿泊しました。
1日目の見学が終わってから体調が悪くなってしまい、インフルエンザのような悪寒がして翌日の見学はキャンセルかと思いました。
北海道に行く前の週から調子が悪く寝不足状態で、前夜の飲み会の酒が抜けてない状態でした。
ということで楽しみにしていた北海道の海鮮料理は食べれない、サッポロクラシックも飲めない状態でした。
悪寒がしたので汗が出るぐらいまで部屋を暖めていたのですが、加湿器がおいてあったのでとても助かりました。


我々が行った数日前に馬仲間の方が見学に行っていたのですが、昼頃にメールしてみたら『大雪の中、ホースパークでランチ』と返ってきました。
見学を週末にして良かったと思っていたのですが。。。
直前の天気予報では13日は曇り、14日は晴れということでしたが両日とも雪に降られてしまいました。
なぜかノーザンホースパークに近づくと吹雪のように降ってきましたよ。
何かの呪いでしょうか(笑)。



善哉さんがノーザンテーストにねだられても、ポケットから手を出したくないくらいに雪が降りました。

ノーザンホースパークに在厩している元キャロット馬について触れておきます。
先日登録抹消されたアダムスピークはホースパークには移動していたようですが、まだ一般見学の厩舎へ移動できる状況ではないということでした。
トライアンフマーチもアロンダイトも元気そうでした。


では、前置きが長くなってしまいましたが、ノーザンファーム空港、ノーザンファーム早来、そして社台SSの順でentryしていこうと思います。

まずおさらいとして以前entryしましたが、NF空港牧場とNF早来牧場の育成厩舎数は以下のとおりとなっているようです。

ノーザンファーム空港 13
ノーザンファーム早来 6

育成厩舎は、建物が2棟、平均40頭で1つの厩舎となっており、厩舎長を含むスタッフ10名で1つのチームになっています。
そして、厩舎長の上の役職が調教主任です。
調教主任は、基本的に育成厩舎を2つ面倒を見ます。

厩舎長と調教主任の役割分担は、調教主任が長期的な部分を組んで、短期的なものは厩舎長に任せる形ということのようです。
つまり、基本的には厩舎長が自分の厩舎の馬の調教メニューを考え、健康面を管理。

40頭を10人で担当しますから、1人で4頭(4鞍)の運動をさせ、1鞍当りが手入れ等を含んで約90分なんだそうです。


ノーザンファーム空港での見学は、降雪のため厩舎内での見学でした。
調教内容についてですが、丁度クラブの3月中旬の情報更新と重なったので頓挫なく坂路に入っていたらいい程度に考えていたため、タイムについては聞いたのですが覚えていません。

■サーブルオール
父:ハービンジャー/母:モンローブロンド(BMS:アドマイヤベガ)
牡 美浦 萩原厩舎

NF空港 B-2 樋口厩舎在厩 499kg





ツアーの時のイメージのままかなぁ?
クラブのコメントでは性格面は大人しいということでしたが、仕草は違いますね。
頭がブレている写真を見ていただければわかりますかね?
動画で常歩で移動時に頭を振っているでしょ、見学中はずっとあんな感じでした。
2歳の男馬ですからそんなんなもんと言えばそうなんでしょうけど、煩いですよ。
引いている人の手をカジるとか、隙あらば蹴ってやろうとかそういうのじゃないですけどね(笑)。
牧場はアレを大人しいと思うのかもしれませんが、私は大人しいとは思いませんでしたよ。

13日に聞いた時点での馬体重は499kgで、クラブ発表の506kgよりは少なかったです。
運動の進捗によるものでしょうから、この差で大きい小さいを言うのは意味がないと思います。
クラブの2月末の写真よりもトモのほうがキ甲より高かく見えましたし、キ甲はまだ全然抜けていません。
まだまだ大きくなりますね。
さすがにこれから550kgまで増えることはないと思いますが、ツアー時と比べてもかなりデカかったです。
牧場で520kgまで、競馬で500kg前後ぐらいかなぁと思います。
募集開始時の体高は155.5cmでしたが、現在は160cmはあるでしょうね。

年明けの頓挫の原因となった右トモの状態ですが、腫れは残っているが運動する上では問題ないとのことで腫れ自体はなかなか抜けるもんじゃないそうです。
私は左右の比較をしてみなかったのですが、確認した馬仲間によるとやはり左右同じではなかったそうです。

調教時に付けているシャドウロールについて「坂路での動画を見ると頭頚が下がってシャドウロールは必要ないように思えますが?」と聞いてみたところ、乗っている方もそう思うということでした。
馬が脚元を見て怪我をしないように予防の意味で付けているそうです。

私が見学に行く前週にタイミングよく全兄のホオキパビーチがデビューしたので聞いてみたところ、適距離は兄ほど短くはないが、兄も1200の馬ではないということでした。
内地への移動時期は、頓挫もあったのでこれから動かしてからで、まだなんとも言えないということでした。


続きはまた明日以降です。
関連記事

category: ■牧場見学

tb: --   cm: 4

コメント

お疲れ様でした。
そうですか・・・アロンダイト、元気でしたか。ありがとうございます。
体調不十分とは残念でした。今頃になってインフルが蔓延するのは予想外でしたね。冬の北海道、一度は行きたいです。

ラム #- | URL
2015/03/24 07:08 | edit

■ラムさん。

アロンダイトは馬房で後ろ姿しか見てないんですが、やっぱりデカいですね。
私はインフルエンザじゃなかったんですが、今回のメンバー1名がインフルエンザで行けなくなりました。
日中の気温は東京と変わらなかったですよ。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2015/03/24 07:22 | edit

大型馬は嫌いじゃないので良いです。ハービンジャーで短距離はイメージわかないですね。マイルくらい?気性次第ですかね。

北海道はお疲れ様でした。体調崩したのは残念でしたね。

へてきち #- | URL
2015/03/24 19:07 | edit

■へてきちさん。

ハービンジャーですから距離はもっとあってもいいと思いますが、モンローブロンドじゃマイルでしょうね。
今日、キャンセル分再募集の発表がありましたが、ずいぶんと嫌われましたね。
何が気にいらないんだろう?(爆)。

北海道、無理したつもりはないんですが、無理の利かないお年頃ですからね。
早速人間ドックに行ってきました。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2015/03/24 19:26 | edit

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ