科博の大アマゾン展  

馬の流れがよくないので馬以外のお話です。


昨日は久しぶりに上野にある国立科学博物館に行ってきました。

国立科学博物館の常設展だけだと子供を誘っても行かないだろうと思って特別展を確認してみたら、大アマゾン展でした。
子供もそれなら行きたいということだったので行きました。

アマゾン展の情報は、科博のWEBサイトよりもTBSの特設WEBサイトのほうが見やすいと思います。



TBSが絡んでいるので映像モノ、アマゾン体感4Kシアターは良かったですよ。
幅8m、高さ4.2mの大型ビジョンで見る4Kフル解像度は凄いですね。
なんだか酔いそうでした。

いつも思うんですが、科博の特別展は値段の割りに内容が中途半端なんですよね。
今回は動物はほぼ100%が剥製ですし、動物はとなりの動物園でやればいいですし。
さかなクンがアマゾンで獲ってきたピラニアと、今時どこにでもあるアクアリウムの水槽以外の剥製標本は、同じ建物の別のフロアに同じものが展示されているような気がしました。
自然が破壊されている、ジャングルの面積が小さくなった、文明が入ることによってなどなど人間に関してもっとやってもいいと思いました。

アマゾンに冠として『大』を付けるのは別にいいと思いますが、展示内容自体には『大』は不相応だと思いました。


アナコンダの標本は凄かったですよ、さすがに。


このオオハシね、まるで人間が筆で色を塗ったみたいでしょ。
私ならもっとホンモノらしく塗りますよ(爆)。


ギョギョギョ

TBSの番組で使うんでしょうねぇ。


常設展のほうはほとんどが改装中でした。
まァ、子供たちが触って遊び学べるものは古くなって傷んでいましたし、仕方ないですね。
恐竜のコーナーも改装中でした。
最新の説では恐竜は毛が生えていますし、羽根も生えていることになっていますから、新しい展示でもそうなっているんじゃないですかね?


地球館に全球型映像施設「シアター36○」というものがあるんですが、今回初めて見てみました。
いつもタイミングが悪く行列ができていたんですが、今回は空いていました。
子供とディズニーランドみたいだと話していたら、2005年の「愛・地球博」で使われたものが国立科学博物館に移設されたんですね。
上映が始まる前に『映像の特性上浮遊感やスピード感があり、ご気分が悪くなるおそれがあります』という説明があったんですが、ほんとに具合が悪くなりそうでした(爆)。
関連記事

category: ☆馬以外のはなし

tb: --   cm: 2

コメント

アマゾン・・・仮面ライダーでいましたね(笑)
出張以外はなかなか上京しないのでたまには上野動物園がらみで出掛けたいです。

ラム #- | URL
2015/04/19 16:38 | edit

■ラムさん。

そうですね。
ウチの子供も最初は仮面ライダーと勘違いしたみたいでしたよ。

上野公園の鳩が昔に比べて減ったように感じました。
なぜですかねぇ~。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2015/04/19 18:07 | edit

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ