出資馬近況(2015年4月末)2歳馬  

POG本がちらほらと発売されていますね。
サーブルオールについては、黄色の本にあの方のコメントが載っていますが、あの方が好きな方というか信用する方は買ってみてもいいでしょう。
景気のいいこと言っちゃっていましたが、信じる価値があるんですかね?
また、産地馬体検査予定馬表にサーブルオールの名前がありました。
次回を受けるのか、順調だったら第1回を受けたのか、どうなんでしょうかね。
競馬王では栗山さんのコーナーに血統について書かれています。
きちんと読まなかったんですが、昨年全兄がスピードについて書いたあったので同じ内容でしょうね。
シュネルギアについては、黄色の本と青い本に平田先生の同じ内容のコメントが載っています。
下で紹介するスポーツ報知ブログのコメントと被っていますので読むだけなら買うまでもありません、写真はありません。
アジュールローズはこの3冊では巻末リストに名前があるだけで、本文では触れられていません。

よってどれも買う必要ナシ(爆)。
後日発売される赤い本もざっと目を通してみてどれかを買ってみようと思っています。
まァ、競馬王を買って牧場見学用にあの方のネタを拾いますかね(笑)。

ちなみに昨年のentryはコチラ。
entry215 ノーザンファームの育成厩舎とPOG本

『青本』の巻頭で『超有力馬8頭』として挙げられていたブレイクエースがアレですし、ジンジャーパンチを『来年の牝馬最有力馬』と挙げていたPOG本がありましたか?
まァ、そんなもんですからね。
昨年の出資馬4頭のうち、全く触れられていなかったラッシュアタックはそれなりにがんばってくれていますよね。
今年はアジュールローズに期待できそうですよ!!


では、2015年4月末の2歳馬の近況です。
牧場見学から1ヶ月半が経過し、コメントと写真の時差がわからなくなってきたので今回は久しぶりに感想を書いてみます。

■サーブルオール
entry308 2014年 出資確定馬(1)
entry449 牧場見学2015年3月① 空港-1
父:ハービンジャー/母:モンローブロンド(BMS:アドマイヤベガ)
牡 美浦 萩原厩舎

NF空港 B-2 樋口厩舎在厩

この中間も順調に調整を積んでいます。現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター1周半の調整を中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン16秒のキャンターで1本登坂しています。少しずつ後肢の踏み込みは深く、力強いものになってきており、トモに力が付いてきたことを物語っています。騎乗時に手綱から伝わる手応えにも良いものがありますし、今後も更にペースアップして乗り込むことで素質に磨きをかけていければと考えています。

【4月】3月下旬~4月上旬撮影 (4月中旬 508kg)

【3月】2月19日~3月7日撮影 (3月中旬 506kg)

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

後肢の踏み込みについてコメントされていますが、この馬は後肢の繋ぎが寝ているんですよね。
これが柔らかさに出るか、緩さに出るか、悩ましいところです。

馬体重に関してはどこまで大きくなるのかと心配していましたが、乗り運動を再開してからはさすがに止まりましたね。
今回の動画でも大きなシャドウロールを付けていますね。
2月の『タイム計時なし』登坂ではそれが必要ないと感じて見学時にスタッフと話をしたんですが、3月の『17秒』でシャドウロール無しの動画を見たところなんとも判断が付かず、4月の『17秒』でシャドウロールを付けているのを見ると、付けている割には屈橈していないと感じました。
つまり溜める走りができておらず、馬が動けていないので乗り役さんが押していますよね。
17秒でこれじゃあ。。。というのが素直な感想です。
まァ、『まだ走りに集中しておらず遊びながら走っている』とコメントされていた時期のものですから、今後に期待したいです。


■アジュールローズ
entry309 2014年 出資確定馬(2)
entry450 牧場見学2015年3月② 空港-2
父:ヴィクトワールピサ/母:ヴィアンローズ(BMS:Sevres Rose)
牡 美浦 古賀慎厩舎

NF空港 B-3 細田厩舎在厩

この中間も順調に調整を積んでいます。現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン15秒のキャンター2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。ハロン15秒ペースで問題なく動けていることから徐々に本州への移動を意識できる状態に近づきつつあると言えるでしょう。脚元を含めて気になる部分もありませんので、今後も状態を見ながら進めていく方針です。

【4月】3月下旬~4月上旬撮影 (4月中旬 498kg)

【3月】2月19日~3月7日撮影 (3月中旬 485kg)

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

まず腰角のケガの痕ですが、知っていればわかりますがキレイに再生されてほとんどわかりませんね。

5月下旬生まれで1歳9月末に育成厩舎に入った時が422kgで、どれだけ大きくなってくれるとか心配していましたが500kgを超える勢いですね。
さすがにもうそろそろ止まってくるとは思います(笑)。
常にテンションに関するコメントがあります。
今回の動画では馬群の先頭を走り乗り役さんに前を抑えられているので口を割っています。
厩舎内で見学した時はそのように感じませんでしたから人間が背に乗るとスイッチが入るんでしょうか。

登坂時は昨年のアダムスブリッジと同じとまでは言いませんが、良い屈橈をして収縮した走りができていると思います。
余談ですが、右後肢の蹄を蹄鉄が水平になるまで返さないでもいいと思いますよ(笑)。

内地への移動についてコメントされていますが、牧場で話を聞いた時は夏競馬を意識しているということでした。
次回の育成中の動画・静止画更新は5/8になると思いますが、移動間近ならば蹄鉄を履かされているでしょう。
まァ、履かされていなくても5/15の更新で何かしらコメントがあるんじゃないですかね。


■シュネルギア
entry310 2014年 出資確定馬(3)
entry451 牧場見学2015年3月③ 早来
父:ワークフォース/母:リーチコンセンサス(BMS:フレンチデピュティ)
メス 栗東 平田厩舎

NF早来 日下厩舎在厩

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン18秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本の調整を行っています。前向きな性格の持ち主ですが、徐々にリラックスして走れるようになってきたことで坂路コースを小気味良いフットワークで駆け上がるようになるなど、スピード感が増してきた印象を受けます。体調面は変わらず良好なので手応えよく乗り込みを進めることが出来ていますし、今後もこの調子で一歩ずつ成長を促していきたいと思います。

【4月】3月下旬~4月上旬撮影 (4月中旬 426kg)

【3月】2月19日~3月7日上旬撮影 (3月中旬 420kg)

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

この馬、こんなに距毛が長かったでしたっけ?
馬体重は相変わらずなんですが、体高はありますし胴が詰まっているというわけでもなく付くべきところには付いていますから写真を見ただけでは小さいと感じないんですよね。
そのうち数字は増えてくると思いたいですが、どうでしょうか。

動画の感想です。
リング銜は相変わらずですが、今回は胸ガイを付けています。
馬体に幅がなく、キ甲が高いので鞍が後ろにズレてしまうんじゃないですかね?
今回のコメントでも触れられていますが、もっと馬体に幅が出ればいいんでしょうが、まだまだですね。
動きですが、相変わらずキビキビとした前進気勢があります。
登坂時は乗り役に前を抑えられていいるのでもトモが左右にブレていいますが、良い気配で走っていると思います。


4/23付のスポーツ報知ブログにシュネルギアに関する平田先生のコメントが載っていました。
「母に似てキビキビしている、父がワークフォースなので距離適性に幅が出れば」ということです。
そう、問題は距離なんですよね。
3月の早来F見学でスタッフとの会話では平田先生は1200mから使って行くでしょうということで意見が合ったんですが、それを後ろで聞いていた案内役のあの方は何か言いたそうでした(笑)。
とにかく、平田先生が母のように馬の距離適性がマイルにシフトしているのに1200mに拘って使い続けなければ良いと思います。

余談ですが、以前リュラ(ヒストリックスター13)について、銜環の下に団子が2つ付いているペソアビットを付けていると書いのですが、坂路でも常歩でもやはり銜を気にしていますね。
出資馬ではないですが、今後もどうなっていくか気にしてみたいと思います。
関連記事

category: ●出資馬2013年産

tb: --   cm: 4

コメント

>今年はアジュールローズに期待できそうですよ!!

ですね。
馬体も良いし良い馬です。
ヴィクトワールピサの代表馬に慣れるかも!(笑)

私としてはサーブルオールに当然頑張ってもらいたいですが、辛口ですね(;´∀`)

まこと #GCA3nAmE | URL
2015/05/02 09:46 | edit

■まことさん。

アジュールローズはヴィクトワールピサの代表産駒になってくれるような活躍を期待したいです。
社台Fのメス馬もやっぱり出資しておけばよかったかなと、少し後悔しています。

サーブルオール、辛口なのは期待の現われだと思ってください。
鳩サブレの甘さで私の辛さが中和されてちょうどよくなりますよ(笑)。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2015/05/02 22:11 | edit

いつも拝見させて頂いてます
アジュールローズですが、吉田勝己さんのGallop POGのインタビューでちょっとコメントされてましたよ
それと先日牧場で会ってきました
ヴィクトワールピサの早期デビュー組で関係者は期待してるって言ってました

楽しみですね

たら #- | URL
2015/05/06 11:24 | edit

■たらさん。

ご覧頂きありがとうございます。
ここにコメントしてくださるアジュールローズの出資仲間がいないので嬉しいです。
GallopのPOG本ですか、情報ありがとうございます。
今度見てみます!

牧場で見られたんですね、やっぱり夏デビューということでしたか。
予定がそのままで安心しました。
ヴィクトワールピサの産駒は2014年産はチェックしてしませんが、2015年のスタリオンレヴューやカヴァーリングリストでノーザンF白老Fのを見た感じでは初年度で出資しておいて良かったと思っています。
スタリオンでは初年度産駒のデキが良かったという話でしたし、期待しています。

今後ともよろしくお願いいたします。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2015/05/06 16:38 | edit

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ