出資馬近況(2015年5月中旬)2歳馬  

前回の entry492 出資馬近況(2015年4月末)2歳馬 で書いたPOGの話ですが、いちおう赤本もサラッと見てみました。
赤本では本文でサーブルオールの歩様について少し触れられていました。
気になる方は買ってみてください。

結局、私は前回書いたとおりに競馬王のPOG本だけを買いました。
その前回のentryでサーブルオールについて
『後肢の踏み込みについてコメントされていますが、この馬は後肢の繋ぎが寝ているんですよね。
これが柔らかさに出るか、緩さに出るか、悩ましいところです。』

と書きました。
その答えをリリーバレーの柘植さんが競馬王のPOG本禁断の袋とじでビシッとコメントしてくれています。
こちらも、気になる方は買ってみてください。
袋とじになっているので立ち読みじゃ読めませんよ。

競馬王のPOG本の『グラサン師匠の鉄板競馬』というマンガは、NF早来をグラサン師匠が訪問する話なんですが、案内役のあの方が日下厩舎でリュラ(ヒストリックスター13)の蹄音を解説する話がでてきます。
これね、私もシュネルギアで全く同じことをやってもらいました。
また、あの方が急に親戚のおっちゃんみたいになって写真を撮ってくれるという件も全く同じでしたよ。
いつ誰が来ても同じ?
私も他と変わらない対応をしていただけたということですね(笑)。

GallopのPOG本に吉田勝己さんのアジュールローズに関するコメントがあると先日ゲストのたらさんに教えていただいたので見てみました。
コメント自体はアジュールローズを見て誰もが感じるだろうというものでしたが、勝己さんが取り上げた数少ないヴィクトワールピサ産駒の1頭にアジュールローズが入っていたということだけで十分な評価だと思います。
勝己さんが何頭取り上げてどういうコメントしたのか、これも気になる方は買ってみてください。


では2015年5月中旬の2歳馬の近況です。
馬体重は今月中旬のものです。

■サーブルオール
entry308 2014年 出資確定馬(1)
entry449 牧場見学2015年3月① 空港-1
父:ハービンジャー/母:モンローブロンド(BMS:アドマイヤベガ)
牡 美浦 萩原厩舎

NF空港 B-2 樋口厩舎在厩 502kg(先月から-6kg)

現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター1周半の調整を中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン16秒のキャンターで1本登坂しています。引き続き、ハロン16秒ペースで乗り込みながら継続的に負荷をかけています。その効果もあって馬体面では特にトモに力が付いてきており、ボリューム感が増してきました。今後もこの調子で鍛えていければ理想的と考えています。

2015.05.15 更新

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

3月の牧場見学で見た時はどれだけ大きくなるかと心配でしたが、馬体重は落ち着きましたね。
脚元が回復し運動量が増える段階で余計な脂が落ち、これから身になって行くということでしょう。

動画では牧場内の移動時は常に乗り役さんに脚を入れられて推進されており、遊びながら歩いているのがよくわかります(笑)。
坂路を駆け上がる姿を見ても、まだまだこれからという感じですね。
まァ、脚の回転が速くなく見るからに大跳びですから、この馬は小細工は利きそうに無いですね。


■アジュールローズ
entry309 2014年 出資確定馬(2)
entry450 牧場見学2015年3月② 空港-2
父:ヴィクトワールピサ/母:ヴィアンローズ(BMS:Sevres Rose)
牡 美浦 古賀慎厩舎

NF空港 B-3 細田厩舎在厩 509kg(先月から+11kg)

現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン15秒のキャンター2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。ハロン15秒ペースのキャンターで見せる動きには余裕があり、走りに対する前向きさを感じさせます。速めのペースで乗り込んでいるので、気持ちが高ぶってくることもありますが、併走時の走りを見ると相当な勝負根性を秘めているのではと見込んでいます。

2015.05.15 更新

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

動画で坂路を駆け上がる姿は、前回同様に溜める走りができており、好印象です。
前肢の蹄の裏面が水平になるぐらい掻き込みが強いです。
回転が速いので前肢か後肢かわからないぐらいですが、前肢はプロテクターがズレないように2箇所をテープで留めているのでかろうじてわかります。

”勝負根性”に関する嬉しいコメントがありましたね!
気の強さが煩いとか人間を自分より下に見るなどの気性難に出なくて良かったですよ。
まァ、今後”勝負根性”がホーカーテンペストのようになってしまう可能性もあるでしょうが(笑)。

entry492 出資馬近況(2015年4月末)2歳馬 にアジュールローズの内地への移動が近ければ5月中旬の静止画と動画で蹄鉄を履かされているだろうと書きました。
そして5/14のentryで一口馬主DB のアジュールローズのページに、この5月に牧場で見学された方が置いた写真では両前肢に蹄鉄を履いていると書きました。

今回更新された静止画は蹄まで写っていませんが、動画の馬の左側から撮った常歩を見ると両前肢に蹄鉄を履かされているのがわかります。
今回のコメントには内地の移動に関するものはありませんでしたが、近いうちに移動があるんじゃないですかね?


と書くと、『忙しくて動画を見ていなかったが、見直してみたら。。。』とでも書いてまたネタがパクられるんでしょう。

同じ馬に出資している方がブログをやっていれば、同じタイミングで同じ内容をブロクに書くこともあるでしょう。
パクられても寛大な心で意に介さず淡々とentryすべきなんでしょうね。
ネタ元のブログに足跡を残しているぐらいですから、パクったという意識はないのかもしれませんが、私としてはブログを続けるのが馬鹿馬鹿しくなります。
自分の意見、考えで書いて、しっかりと検証と確認をしないとすぐにボロが出ます。
何かしら対応策を考えようと思います。

アジュールローズの育成で乗っている方は年明けからずっと同じですよね。
横山主任か細田厩舎長かそれとも違う人か。
さぁ~誰でしょうか?
パクられるとなると、こういう話も書き辛くなってしまいます。


■シュネルギア
entry310 2014年 出資確定馬(3)
entry451 牧場見学2015年3月③ 早来
父:ワークフォース/母:リーチコンセンサス(BMS:フレンチデピュティ)
メス 栗東 平田厩舎

NF早来 日下厩舎在厩 438kg(先月から+12kg)

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン18秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本の調整を行っています。気温の上昇とともに馬体重は理想的な増加を見せており、以前は薄手に映った馬体にだいぶ実が入ってきた印象を受けます。日々、軽快に坂路を駆け上がる姿からコンディションの良さが伝わってきますので、今後も速めの調教を課すことで理想的な身体造りに取り組んでいきます。

2015.04.24 更新

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

やっと馬体重が増えてきましたねぇ。
このまま牧場で450kgを突破し、460kgが見えてくると頼もしいんですが。

最近は馬の気持ちの面に関するコメントがありませんね。
気持ちと馬体との成長バランスが整ってきたんでしょう。
母リーチコンセンサスと同じく夏の小倉でデビューかと思っていましたが、秋以降でしょうか。

頭頚が下がって前肢の動きが柔らかく、可動域が大きいダクを踏みますね。
関連記事

category: ●出資馬2013年産

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ