シルクオルフェウスの思い出  

キャロットの会報7月号のトレーナーファイルは『調教師 竹内正洋』さんでした。

その会報に載っている情報によると竹内正洋調教師は、
『2006年4月にJRA競馬学校の厩務員課程に入学し、同年10月に卒業。
一旦、美浦・国枝厩舎に厩務員として配属され、翌11月に美浦・矢野照正厩舎に移り、調教助手となった。』

とのこと。

竹内正洋調教師の顔を見て一頭の元出資馬を思い出しました。

■シルクオルフェウス
父:アドマイヤベガ/母:バレリーナチュチュ(BMS:ブライアンズタイム)
誕生日 2004年5月6日
生産者 ラッキー牧場(新冠町)
調教師 美浦・矢野照正
中央獲得賞金 1,840万円
通算成績 11戦2勝(2-2-0-1-1-5)


バレリーナチュチュの母がオシアナ、半弟がビワシンセイキという元は早田牧場の血統です。
シルクオルフェウスは当歳募集馬で、カタログの後ろから撮った写真の右飛節から下が外に流れていましてね、いろいろと気を揉みましたよ。
DVDで歩様を見ようにも母馬の横をトボトボと歩く当歳馬ですし、歩様を誤魔化す?みたいなボコボコの放牧地で歩かせているので、わかりゃあしない。

シルクオルフェウスを初めてみたのは2005年、1歳11月に天栄ホースパークで行われた募集馬見学会でした。
展示される前に馬房を見に行ったら喉にガックバンドをはめられていたんですよ。
さく癖(グイッポ)を防止するためのものです。
見てはいけないものを見てしまったと、一緒に見ていた乗馬仲間と目を合わせてしまいました。



2歳になった2006年の5月12日にトレセンに入厩。
夏競馬でデビューと思っていましたが、右飛節にフレグモーネを発症し、当時の天栄ホースパークへ放牧。
8月に天栄HPへ馬を見に行ったんですが、スタッフにフレグモーネはどうですか?と聞いたら何も知りませんでした(爆)。
NF天栄になる以前は、そんなんだったんですよ。



当時の経営陣と考えが合わなかったのか、場長はコロコロ変わりました。
シルクオルフェウスを見に行った時は、場長がちょうど前職で高崎競馬で調教師をやっていた方から美浦の某厩舎で調教助手、厩務員をされていた方に変わったタイミングでした。
まァ、その場長もそう長くは場長に就いていたわけではなく、しばらくして辞められ”場長不在”という期間が続きましたね。

なんだかんだでシルクオルフェウスのデビューは2歳の11月になってしまいました。
その日は天栄ホースパークで募集馬見学会が行われる日でした。
当初は私もそれに行くつもりでしたが、シルクオルフェウスが調教で動き、アルゼンチン共和国杯で3着に来たドラゴンキャプテンを煽ったとかなんとかで多少は話題になりましたので予定を変更して府中に行きました。
新馬戦の結果は残念でしたが、やはり新馬戦は見ておきたかったですからねぇ。


2006.11.11 東京4R 2歳新馬 ダ1600m

年が明け、2戦目となった2007年1月7日のレースではDDSPの兆候があるみたいで舌を巻き込んでしまうということで競馬では舌を縛ることになりました。
関係ないかもしれませんが、やっぱりガックバンドを付けられる理由はありましたねぇ。
デビュー戦に続いてこの時も2人引きでした。
引いていたのは、ベテランの厩務員のオッチャンと、シルクオルフェウスがデビューした頃に矢野照厩舎の一員となった竹内助手です。


2007.01.07 中山5R 3歳未勝利 芝1600m

2着が2回続き5戦目となった2007年3月31日に福島で初勝利を上げました。
前進気勢の強い馬で、前で競馬をすると良かったです。
中舘騎手で逃げて勝ったのですが、その前のレースで乗った善臣騎手に「逃げたら抑えが利かなくるぞ」とコメントされたのを覚えています。

3歳500万下になったシルクオルフェウス、この日は最初はベテランのオッチャンが一人で引いていましたがグイグイと歩いて抑えが利かないので急遽竹内助手が登場しました。


2007.04.29 東京6R 3歳500万下 芝1800m


同じ2004年生まれの出資馬にはキャロットのニードルポイントがいました。
ニードルポイントは4勝し準オープンまで行ってくれ、私の中ではシルクオルフェウスもそれぐらいは走ってくれると思っていました。
それが4歳、2008年4月10日に突然終わってしまいました。
調教中に右前脚の繋部分に骨折を発症し、予後不良の診断となり、安楽死の処置が取られました。


竹内正洋調教師、現在の管理馬は27頭で社台F2頭、白老F2頭、ノーザンF1頭。
キャロットの馬は萩原清厩舎から転厩したステラストリームだけ。
竹内正洋調教師が元いたの矢野照厩舎が社台ノーザンの馬が入らない厩舎でしたから、今の馬で結果を出していかないと社台グループからの続けての預託は厳しいでしょうね。
国枝師の推薦があればということかも知れませんが、今年のケイブルグラムはわかりませんけどそもそもキャロットの国枝厩舎に入る馬は期待できませんしねぇ。
あと矢野英師ということになりますが、キャロットの馬をみても成績から竹内厩舎に馬が回ってくるかもあやしい感じです。


昔、助手時代に出資馬を見てもらっていた方が調教師になり、その厩舎の馬に出資するというのも長い間一口馬主をやっていると楽しみの一つになると思います。
勝ち上がってくれたほうがいいに決まっていますが、まァ、勝ち負けは別としてお礼の意味を込めてね。

今年のプレミアムパーティ、やっぱり行けばよかったかなぁ。
キャロットの預託馬が少ない若い調教師は話しかける会員が少ないので、こういう小ネタを持っていると喜んでもらえるでしょう。
関連記事

category: ●出資馬2004年産

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ