今週の動向(2015年第30週分)  

今週火曜日にセレクションセールが行われましたが、キャロットクラブの落札はありませんでしたね。
今年も昨年のサウスヴィグラス産駒のような面白いのを期待していたのですが、残念でした。

昨年、そのサウスヴィグラス産駒に一般枠で申し込んで死に票になった私が言うのもアレですが、1000万円台で最優先票を吸い取ってくれる馬がいると高額馬に最優先票を使おうと思っている人には有利に働くんですけどね。
まァ、1頭そんな馬がいても大勢に影響はないというくらいに会員がいるんでしょけど。


では古馬から順に、今週動きがあった馬の情報です。
今週の出走はありません。
来週もないと思っていましたが、あるみたいです。


■ホーカーテンペスト
NF天栄在厩
函館からそのままNF早来へ放牧かと思っていましたが、22日に一旦美浦トレセンに戻され、状態を確認して24日にNF天栄へ放牧に出されました。
函館から直接NF天栄に移動した場合は馬運車代は馬主負担となりますが、美浦トレセンに戻す場合はJRAの負担。
レース結果が残念でしたから気を使ってもらったんですかね(爆)。

また、22日にNF早来に出せば入れ替えで馬を函館若しくは札幌、美浦に入れられますが、数日はレースに使わないホーカーテンペストに馬房を使わせてもらったということになります。
鞍上云々は別として、まだまだ期待されている馬であることに変わりないと思いますよ。
まァ、貸付馬房数がたくさんある厩舎ですから、数日のロスは気にしないのかも知れませんね。
これでも一応はオープン馬ですから(笑)。


■ベルプラージュ
NF天栄在厩
馬の調子は良いようなので、来週辺りに突然札幌競馬場に移動しそうな予感がします。


■ネオリアリズム
札幌競馬場在厩
8/2(日) 札幌7R 3歳上500万下 芝1800mをルメール騎手 57kgで予定。

23日に札幌競馬場へ移動しました。
復帰は新潟かなぁと勝手にイメージしていましたが、札幌になりました。
距離についてですが、2000mだと折り合いに苦労する、かといって1600mにして行かしてしまうと2000mに戻せなくなってしまう。
で、1800mですかね?
さすがに500万下だと問題なく一発で卒業してくれると思いますが、どうでしょう。


■ブレイクエース
NF空港在厩
この中間から騎乗運動を再開しました。
厩舎まわりでの曳き運動を始めてから1ヶ月、順調だと思います。


■プルガステル
NF天栄在厩
レースから日にちが経ちましたが脚元も内臓面も問題ないということで安心できました。


※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

今後は続戦せずに休養に入るということで、24日に函館から直接NF天栄へ放牧に出ました。
無理する必要はないですし、それでいいと思います。

ホーカーテンペストと違い、勝ったプルガステルは直接NF天栄に。。。ということではなく、厩舎の考え方の違いでしょう。

  ホーカーテンペスト NF天栄 → 美浦トレセン → 函館競馬場 → 美浦トレセン → NF天栄
  プルガステル NF天栄 → 函館競馬場 → NF天栄



ちなみに、先週の函館芝1200mの勝ちタイムは以下のとおりです(2歳戦は除く)。
 7/18 (土) 函館03R 3歳未勝利 良 プルガステル 1.09.7 3F 35.0 出遅れ捲り
 7/18 (土) 函館11R 1000万下特別 良 マジックシャトル (3歳牡) 1.09.5 3F 34.4 逃げ切り
 7/19 (日) 函館06R 3歳未勝利 良 ダンツレガリア 1.10.8 3F 35.6 馬群中団
 7/19 (日) 函館09R 500万下特別 良 イッテツ (3歳牡) 1:09.3 3F 35.1 道中2番手追走


レースは生き物ですし、メンバー構成の差もあれば展開に左右されることもあります。
ですが、タイムとしては1000万下特別と比べても遜色ないですね


■ラッシュアタック
函館競馬場在厩
8/8(土) 札幌6R 3歳未勝利 芝2000mを三浦騎手 56kgで予定。

16日にNF空港から函館競馬場へ帰厩しました。
競馬は札幌ですが、調教施設が札幌に比べ充実している函館で調整ということです。
札幌開催2週目の芝は2000mと1500m、そして1200mがありますが、2000mを選択しましたね。
ざすがに1200mはないでしょう。
ゲートが速いわけではないですし、緩さもある馬ですから2000mですね。

今書くことではないですが、現在の獲得賞金は645.0万円。
8月に2回使えたとして2着3着だった場合、獲得賞金は1,000万円近くになってしまいます。
ダート適性は別としての話ですが、もし一旦地方へとなった場合。。。
詳しくないのでイメージでしか書けませんが、1,000万円も持っていると編入できるところは限られるでしょうし、入れたとしても下級条件ではないでしょうね。
となると。。。
それでも勝ち上がってこないと中央で1000万下で掲示板は望めなくない、つまり戻してもらえないということになりますね。

菊川厩舎、函館競馬場で誰が面をみているのか知りませんが、頼むよほんとに!!


■アダムスブリッジ
石坂厩舎在厩
8/22(土) 新潟11R 日本海S (1600万下) 芝2200m予定。

22日に栗東トレセンへ帰厩しました。
春の疲れも取れて元気一杯とのことです。
復帰緒戦は新潟ということなので日本海Sになると思います。
日本海Sは元はハンデ戦でしたが、昨年から定量戦になりました。
また、過去のレースを見るとフルゲートにはならなそうですね。
これを叩いて神戸新聞杯ということになるでしょう。

NFしがらきの坂路を駆け上がる動画を見ました。
相変わらず頭頚が屈橈した良い走りをしますね。


■アジュールローズ
NF天栄在厩
骨瘤の状況は安定しているということでこの中間より騎乗調教を再開して、現在は坂路にも入れているということです。
その動画を見ました。
アジュールローズの走りたいという気持ちを抑えてF18秒で乗られているので最初は行きたがって折り合いを欠いていましたねぇ。
今に始まったことではないですが、脚元が流れるというかバラバラな走りです。
走りたいという気持ちを上手くコントロールできてくればその辺りがスムーズになってくるんじゃないでしょうかね?
なかなかアダムスブリッジのようにはならないですねぇ。

日によっては坂路でF14~F15秒ということなので、8月後半に美浦トレセンに戻れればいいんじゃないでしょうか。
関連記事

category: 今週の動向

tb: --   cm: 6

コメント

ラブラバード・・・冬眠ならぬ夏眠に入りましたね(笑)

ラム #- | URL
2015/07/25 08:17 | edit

ネオリアリズムは札幌想像できませんでした^^;
一発クリアしてほしいけど、私事ですが同じ降級組のファドーグの結果を見ると心配も・・・。
ファドーグ以上に期待している馬だけに本当に一発回答して欲しいです。

アダムスブリッジは叩いて神戸新聞杯ですね。
リアファルも神戸新聞杯。。。
ガチになりますね。
ま、重賞でガチならいいですかね。

まこと #GCA3nAmE | URL
2015/07/25 11:15 | edit

■ラムさん。

う~ん。
夏眠の目が覚めるのが冬眠が始まる時期か、それとも冬眠が終わる頃か。
もしかして目は覚めないままか。
どうなりますでしょうか。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2015/07/25 11:56 | edit

■まことさん。

私の同世代での降級組というとベルプラージュになりますが、まさか勝てないとは。
おまけに掲示板もなかったということで、ありえない回答でしたよ。

過去の出資馬をみると1000万下を勝った馬は降級しての500万下緒戦で掲示板を外すということはありませんでしたし、ネオリアリズムは大丈夫だと思います。
ベルプラージュも札幌で主戦以外が乗ればすぐに勝てると思いますが(爆)。

神戸新聞杯でアダムスブリッジとリアファルが対決ということになりますかね。
秋緒戦が神戸新聞杯だとさすがに強気なことは言えませんが、新潟で叩いてからなら言えるかも知れません。
そうなるように期待しています(笑)。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2015/07/25 12:10 | edit

ネオリアリズムはきっと1倍台前半人気でしょうね。
普通にまわってくればいいだけなんですが、それが出来るかどうか。
早めに札幌入りして当日輸送を無くす作戦ですかね。

まあ500万クラスにいること自体に違和感ある馬なので、ここから快進撃が始まると期待してます。トラタヌですが勝てば8月末のワールドオールスタージョッキーズですかね。希望はツアー翌日の日高特別です(笑)

ベルプラージュは札幌に連れてって欲しいですね。そしてなんだかんだでこちらもツアー翌日の500万牝に出てきてくれてもいいですよ(笑)

へてきち #- | URL
2015/07/26 08:24 | edit

■へてきちさん。

まずはノーブルリーズンおめでとうございました。
楽勝でした、秋が楽しみになったでしょうね!

ネオリアリズム、そうですねぇ。
普通に回ってくればだと思います。
昨年するはずだった快進撃を今年は期待したいです。

ネオリアリズムもベルプラージュもツアー翌日の可能性アリですか!?
楽しみですね。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2015/07/26 11:48 | edit

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ