マンハッタンカフェ号が死亡  

社台スタリオンステーションに繋養されていたマンハッタンカフェが8/13に腹腔内腫瘍により死亡したそうですね。
JRA NEWS】マンハッタンカフェ号が死亡

現役時代はもちろん知っていますが、特に馬券で儲けたという記憶はありません。
ですが、アメリカンボスとの有馬記念はそうは思ってもなかなか取れないなど、どこで誰と話をしたかは覚えています。

種馬になってからは社台グループよりも日高の牧場にたくさん付けられましたね。
私はキャロットクラブで3頭の産駒に出資しました。
牡のヴァーティカルサンは2つ勝ってくれましたが、メスの2頭はどうしようもなかったです。

カーライル 2009年 メス 3戦0勝(0-0-0-0-0-3)
ヴァーティカルサン 2010年 牡 11戦2勝(2-0-0-2-1-6)
ミナスジェライス 2011年 メス 5戦0勝(0-0-0-0-0-5)


今年、何頭の産駒が生まれたのか確認しようろ出産予定馬リスト(カヴァーリングリスト)を見ると96頭になっています。
社台グループで何頭かというと22頭。
内訳は以下のとおりです。
 ノーザンF 4頭
 追分F 1頭
 社台F 17頭


死因が腹腔内腫瘍ということなので、今年の種付けが行われたのかはわかりません。
今年生まれた(?)社台グループの22頭の母を見ると、来年のキャロット募集はないかもしれません。
今年の『募集馬予定リスト』に2頭の名前がありますね。
これが出資できる最後の機会になるかもしれません。
2頭ともメス馬なので、まァ、私は見送りでしょう。


写真はマンハッタンカフェがスタッドインした時の展示会で生産者に配布されたパンフレットです。
誰に頂いたのかは覚えていませんが、持っていたのを思い出しました。





生きものですからいつかは死ぬんですが、やはり寂しいですね。
関連記事

category: ▲馬の雑談

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ