アンヴァルト号、引退  

アンヴァルト、残念ながら復帰することなく引退ということになりました。

昼休みにキャロットのWEBサイトを見てみると、『引退』という文字が見えました。
このところ出資馬に怪我が続発していますが、アンヴァルトは復帰はできるものと思っていたのでビックリしました。

■アンヴァルト
父:Vindication/母:アーティストチョイス(BMS:Giant's Causeway)
8歳牡 2007年2月18日生まれ
厩舎:栗東 平田厩舎
生産:ノーザンファーム(安平町)
育成:ノーザンファーム空港牧場


39 戦 4 勝(4-4-5-6-3-3-2-0-12)1600万下
募集総額 : 3,200万円
獲得賞金 : 9,057万円
一口価格 : 8万円
一口当り賞金 : 22.6万円
控除前回収率 : 283%
勝率 : 10% 連対率 : 21% 掲示板率 : 56% 8着入着率 : 69%

※データは一口馬主DBより転載。


3歳の最後の新馬戦を勝ち、3歳時に3勝。
4歳の12月に右トウ骨遠位端を骨折し、5歳の10月に復帰。
馬場をダートから芝に変え、若い頃になかった先行力が付き前で競馬ができるようになり、6歳5月に新潟の芝直線1000mコースで4勝目。
今年正月の初日の出賞は勝ったと思ったんですがねぇ。
平日の競馬だったので職場のトイレに籠って観戦し、「あぁ~」と声をあげました。

獲得賞金が1億円に届かなかったのは残念ですが、日本における父Vindicationの賞金ブッチギリの代表産駒です。
出資を決めた時は最低でもオープン馬、種馬も夢ではないと期待していました。


2015/09/01 引 退
「秋番組を見ながらいくつかいいレースがありそうですし、平田師とも相談をしてそろそろピッチを上げようということで、先週末に15-15程度のところを入れました。息遣いなどは良さそうだったのですが、上がってきてから歩様が乱れてしまいました。調べてみるとやはり前走後に気になっていた右前脚の靭帯が痛んでいるようです。このところは落ち着いていたとはいえ、ペースアップしたことで負担がかかってしまったのでしょう。すぐに平田師にも連絡し、状況を確認してもらいましたが、このままレースに向けて負荷を強めていくのは厳しいという見解になりました。お時間をいただいてじっくり取り組んでいたところだったのですが、このようなことになってしまい申し訳ありません」(NFしがらき担当者)
「そろそろ帰厩を視野に入れてペースを上げていこうということで進めてもらっていたのですが、やはり傷めていた箇所に負担がかかってしまったようです。若い頃はダートで頑張り、6歳になってから本格的に芝へ転向と、長く厩舎を引っ張ってきてくれましたし、8歳の今年も衰えを感じさせないピカピカの馬体でよく頑張ってくれました。これからも元気に走らせたい気持ちもありますが、脚元のことですし、無理をさせて何かあってはいけませんから、今はとにかくその労をねぎらってあげたいと思います。ここまで応援していただいた会員の皆様にも深く感謝いたします」(平田師)
秋の復帰に向けて15-15の調教を開始したところで、先日傷めた右前脚に違和感が出てしまいました。最近は落ち着いていたとはいえ、ペースアップしたところで再度傷めたとなると、レースに向けて進めていくのは厳しいと言わざるを得ません。3歳の春、最後の新馬戦を勝ってから5年半、骨折による長期休養が一度あった以外はコンスタントに走り続けてくれました。若い頃はダートで素質の高さを見せ、6歳からは芝に矛先を変えて高いレベルの走りをするという、個性が光った馬でもありました。衰えを感じさせない迫力のある馬体で、まだまだ頑張ってほしいところではありますが、現状を鑑みて平田修調教師と協議を行った結果、ここで現役続行を断念し、競走馬登録を抹消することとなりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

デビュー前に右前の深管を傷め、骨瘤が出たのも骨折したのも右前でした。
8歳馬ですからねぇ。
大きな怪我を負っての引退ではないので、お疲れ様と言ってあげたいです。
これでよかったと思うようにしています。

アンヴァルトは2007年生まれの2008年度募集馬でした。
ですから、ちょうど7年前の今頃に募集馬カタログで見たことになります。
アンヴァルトは海のものとも山のものとも分からない血統です。
出資を決める際はいろいろ悩みました。
父Vindicationの産駒は総じて早熟です。
まさか8歳まで現役でいてくれるとは思ってもいなかったです。

7年という年月を人間でいうと、生まれた子供が小学校一年生に、中学校一年生が成人式を迎えるということです。
長い間頑張ってくれました。

アンヴァルトを通してたくさんの馬仲間ができました。
一緒に出資検討をした人、勝ち負けに一喜一憂した人、お酒を飲んだ人、皆さんありがとうございました。

馬仲間に聞いたんですが、アンヴァルトの募集時に当時まだキャロットの会員ではなかったその馬仲間に、私が「この馬は走るから買え」と言ってしきりに勧めたそうです。
7年前のことなので覚えていませんでした(笑)。


カタログ写真
※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。


今後についてはクラブか書類が届かないと詳しくはわかりませんが、乗用馬ということになると思います。
馬格があって漆黒でピカピカの馬体、気性は素直で大人しい馬ですし、短距離馬の素軽さがありますから良い乗用馬になると思います。
阪神競馬場か京都競馬場に誘導馬の空きはないですかね?

一つ心残りがあるのは、同厩だったリーチコンセンサスの娘シュルギアと同時に平田厩舎に在厩できなかったことでしょうか。
シュネルギアが北海道から移動した翌日にアンヴァルトの引退発表ですからねぇ。
女々しいことを書きますが、娘に母の思い出を語ってほしかったです。


アンヴァルトは何度か関東圏のレースを走ったのですが、なかなか都合が合わず今年4月の船橋Sの一度しか観戦できませんでした。
結果は残念でしたが、見ておいて良かったと思います。


2015.4.4 中山11R 船橋S (4歳上1600万下) 芝1200m

entry462 先週の結果(2015年第14週分)-1


平田厩舎の皆さん、特に担当助手の九州男さん、いつもアンヴァルトを綺麗に仕上げてくれてありがとうございました。
関連記事

category: 引退のお知らせ

tb: --   cm: 2

コメント

怪我での引退は残念でした。
ただ、8歳まで頑張ってくれましたしお疲れ様でした!有り難うと!ですね。

募集時に血統と価格で悩みましたが、あれから随分たっていたんですねぇ。

たけ #- | URL
2015/09/02 16:28 | edit

■たけさん。

そうそう、「海のものとも山のものとも分からない血統の馬、どうする?」と一緒に検討しましたよね。
あれから随分と経ちました。
アンヴァルトもオッサンになりましたが、私は更にオッサンになりました(爆)。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2015/09/02 22:40 | edit

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ