アダムスブリッジ号、引退  

アダムスブリッジ、残念ながら引退ということになりました。


■アダムスブリッジ
父:ゼンノロブロイ / 母:シンハリーズ(BMS:Singspiel)
3歳牡 2012年4月21日生まれ
厩舎:栗東 石坂厩舎
生産:ノーザンファーム(安平町)
育成:NF空港牧場 B-3 細田厩舎


5 戦 2 勝(2-0-1-0-0-0-1-0-1)1600万下
募集総額:4,600万円
獲得賞金:3,102万円
一口価格:11.5万円
一口当り賞金:7.8万円
控除前回収率:67%
勝率:40% 連対率:40% 掲示板率:60% 8着入着率:80%

※データは一口馬主DBより転載。


2015/09/17 引 退
「放牧に出てから毎週NFしがらきへ見に行っており、今朝も足を運んだのですが、改めてエコーの結果を見て復帰までの期間、また再発の可能性などの話をしました。若い馬ですし良化を待つつもりでいたのですが、当初の想定よりも損傷の範囲が広く、回復したとしても再発の可能性は高いのではないかという見込み。これから長い時間をかけて休養させ、そこから立ち上げていってもしも馬が痛みを感じるようなことがあったら私も嫌なんです。もっと上を目指せる馬だっただけに今は悔しい気持ちが大きいですし、本当に申し訳ない気持ちですが、これは馬のための判断だと思って、会員の皆さんにもご理解いただければと思います」(石坂師)
屈腱炎を発症後、復帰の道を探りつつ調整を続けてきましたが、改めて状況を確認し石坂正調教師と協議を行った結果、ここで現役続行を断念し、近日中に競走馬登録を抹消することとなりました。デビューから素質の高さを見せてきた馬ですし、石坂師も回復を待ちたいという意志で見守ってきたのですが、今後を考えると馬への負担、会員様への負担をが大きくなるのは間違いありません。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

なお、2015年9月17日付でJRAの競走馬登録を抹消されました。


カタログ写真
※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。


アダムスブリッジは『最優先枠』で申し込んだ馬です。
前年の最優先枠は同じ父ゼンノロブロイであるジェットブラックに使いましたが残念ながら勝ち上がれませんでした。
ジェットブラックはThoroughbred Auctionで売却され金沢競馬に行きました。
ダートが合わなかったんですかねぇ、良いところなく2015年9月1日付で地方競馬登録抹消されました。

ジェットブラックを出資する上で、募集馬見学ツアーの時に横にいたアダムスブリッジの全姉のリラヴァティと悩み、同じ値段なら牡馬のほうだろうということでジェットブラックを選んでしまいました。
ツアーではリラヴァティも良い馬でしたが、アダムスブリッジも良い馬でしたよ。
そんな話をアダムスブリジを曳いていたスタッフと話しましたねぇ。




2013年 募集馬見学ツアー


アダムスブリッジのこれまでの経緯です。

【2013年 1歳】
 09/10 NFイヤリングからNF空港へ移動
【2014年 2歳】
 01/17 左前蹄に痛みを発症、患部の膿が出る
 04/18 第1回産地馬体検査を受検し、JRA競走馬登録ならびに石坂正厩舎との預託契約が完了
 06/23 NF空港からNF天栄へ向けて移動
 06/25 NFしがらきへ移動
 07/31 栗東トレセン・石坂正厩舎へ入厩
 08/27 ゲート試験合格
 08/30 NFしがらきへ放牧
 10/14 右前脚に小さな骨瘤を発症
 11/06 栗東トレセンに帰厩
 12/06 阪神07R 2歳新馬 芝2000 和田 1着
 12/09 NFしがらきへ放牧
 12/25 栗東トレセンに帰厩
【2015年 3歳】
 01/24 京都10R 若駒S(OP) 芝2000 和田 1着
 01/27 NFしがらきへ放牧
 02/10 左前蹄を痛がるような素振りを見せた
 02/25 栗東トレセンに帰厩
 03/21 阪神11R 若葉S(OP) 芝2000 和田 3着
 04/05 皐月賞に特別登録
 04/14 右前蹄を挫跖、皐月賞の回避決定
 04/16 NFしがらきへ放牧
 04/21 蹄冠部から膿は抜けてきており状態が良ければ今週中にも帰厩
 05/07 栗東トレセンに帰厩
 05/17 日本ダービーに特別登録
 05/31 東京10R 日本ダービー(GⅠ) 芝2400 和田 17着
 06/02 NFしがらきへ放牧
 07/22 栗東トレセンに帰厩
 08/22 新潟11R 日本海S(1600万下) 芝2200 和田 7着
 08/26 レース後、右前脚に疲れが出ている模様、慎重に様子を見ていく
 08/27 NFしがらきへ放牧、右前脚をエコー検査の結果、屈腱炎を発症していることを確認
 09/17 クラブWEBサイトで引退発表、ならびにJRAの競走馬登録を抹消



今年の3月、若葉Sの前週に牧場見学に行った際、アダムスブリッジを育成したNF空港牧場のB-3細川厩舎にも寄りました。
ちょうどタイミングよくアダムスブリッジと半兄アダムスピークに乗っていた乗り役さんが厩舎にいたので話を聞くことができました。
蹄に問題が出てしまうのはこの血統の抱えている問題なんだそうです。
育成中も下が硬いところを歩かせると気にする素振りを見せていたそうです。
1歳のうちは特に問題は出なかったんですがねぇ。
育成が進んで乗り込み量が増えていくに従い、敏感な蹄が反応していったということなんでしょうね。
何かを踏んで起こってしまう挫跖とは違いますから、調整が大変だったと思います。


POG本では有力馬の一頭として紹介され、以下のようにコメントされていました。
 ・かなりの能力を秘め、石坂先生の期待も大きな馬。
 ・動きは文句なし。
 ・キャンターに行くとガツンと来ることもあるが、基本的に若手が乗っても大丈夫な気性。
 ・芝の中距離での活躍をイメージしている。
 ・期待している1頭。
 ・母シンハリーズは期待の大きい血統。
 ・早めの移動もあるかもしれない。
 ・好き嫌いがあり喰いが少し細い、それが改善されればなお良い。



新馬、若駒Sを連勝した時は、これからどれだけ走ってくれるんだろうと期待し、この馬でクラシックに出走がないようだと次は無いとまで思いました。
そして、皐月賞を回避した時は私自身の運の無さを嘆きました。
諦めていた念願の日本ダービー出走。
石坂師は「ダービーじゃなかったら使わなかった」とコメントしていたということですし、決して状態はよくなかったんです。
結果は残念でしたが使ってみないことにはわかりませんからね。



2015.05.31 東京10R 第82回 日本ダービー (GⅠ) 芝2400m

entry523 競走結果 アダムスブリッジ


私はアダムスブリッジの名前をブルーアイドソウルで応募しました。
この曲で終わりにしとうと思っていたわけではないですが、先日頭に浮かんできました。

I Can't Keep From Crying, Sometimes (泣かずにいられない) / Al Kooper



アダムスブリッジの状況について募集馬見学ツアー聞きました。
クラブスタッフに聞いても答えにくいでしょうし、より状況がわかる方に直接聞いたほうがいいと思い空港牧場の獣医師の方に聞きました。
エコー写真を見たということで、心痛な面持ちで損傷の程度、損傷の範囲をジェスチャーをまじえて教えていただきました。
結局クラブの更新情報では損傷率は公表されませんでしたね。
私が判断の境界ではないかと思っている数字を例に出して聞いてみたところ、やはりその数字は超えていると。
また、損傷範囲は縦方向に広いということでした。
状況は非常に悪く、あとは馬をやる人(調教師)の判断ということでした。
兄アダムスピークのこともありますからね、復帰ができたとしても再発の可能性があります。
それにアダムスブリッジは脚元に敏感な馬ですからね。
復帰の可能性はないと思って2週間を過ごしました。
それでも発表が遅れているということは、もしかしてとも思いました。
辛かったです。
最近、夜中に何度も目がさめました。
夢に石坂調教師が出てきたこともありました。

先日引退のお手紙が届きました。
それによると、今後の用途は乗馬ということです。
またいつかどこかで逢えることがあるかも知れません。

NF空港牧場のB-3 細田厩舎の皆さん、栗東・石坂厩舎の皆さん、NFしがらきでの皆さん、ありがとうございました。



アダムスブリッジ号、夢をありがとう。
さようなら。

FC2 Blog Ranking
ランキング参加中です(クリックして頂けると嬉しいです)。
関連記事

category: 引退のお知らせ

tb: --   cm: 6

コメント

残念ですね。
POGで投票、ダービーも馬券はアダムスブリッジからでした。
私のキャロ愛馬はこの世代、5頭すべて未勝利で終幕。アダムスブリッジの引退でキャロ仔の3歳応援馬が無くなりました。
週末は北海道に行ってきます。

ラム #- | URL
2015/09/24 21:43 | edit

■ラムさん。

コメントありがとうございます。
残念ですがこればかりは仕方ないです。
ジュモートリステ、残念でしたね。

シルクは今週末なんですね。
もう夜は寒いでしょうね、娘さんと一緒ですから余計な心配はいりませんね(爆)。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2015/09/24 22:26 | edit

アダムスブリッジに出資して以来、
濱田屋様のブログを拝見させていただいておりました。

引退は本当に残念です。

先週の同厩タッチングスピーチ、
今週のリアファルのGIIでの活躍を見ると、
アダムスブリッジが無事だったら、と、ついつい思ってしまいます。

きず #mQop/nM. | URL
2015/09/27 23:35 | edit

■きずさん。

コメントありがとうございます。

本当に残念でした。
昨年の今頃はゲートを受かってそろそろデビューかと期待していました。
それが一年経ってこんなことになっているとはねぇ。
常に覚悟はしていても、やっぱり辛いです。
タッチングスピーチ、リアファルを見ると確かにいろいろと思いますね。

アダムスブリッジの他にも共通の愛馬がいましたらまたコメントください。
よろしくお願いします。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2015/09/28 00:35 | edit

返信ありがとうございます。

エルダンジュの14でご一緒させていただいてます。
準OPで長く走って欲しいところです。

きず #- | URL
2015/09/28 11:46 | edit

■きずさん。

エルダンジュの14ですか!
そうですね、今は謙虚に準OPを目標にしておきましょうか。
よろしくお願いします。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2015/09/28 22:21 | edit

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ