出資馬近況(2015年12月末)1歳馬  

12/28に社台SSに繋養されていたフジキセキ号(23歳)が病気(頚椎損傷)のため死亡したそうです。
もう23歳になっていたんですね。
フジキセキが勝った1994年の朝日杯3歳Sも最後のレースになった弥生賞も、馬券はフジキセキから買ったのを覚えています。

JRA NEWS】フジキセキ号が死亡

フジキセキが出走することができなかった1995年の日本ダービー、私の本命馬はオートマチックでした(汗)。

フジキセキの写真がないので代わりに兄を。
男前の馬で見学に行った際はいつもこの馬に合うのが楽しみでした。

アローS スーパーライセンス


では、今年最後の1歳馬の近況です。
3頭とも坂路に入っており、調教メニューはそれぞれですが、概ね順調ですね。
馬体重の数字は、スターペスミツコの14とSweet Dreams Babyの14は前回減った分が戻り、エルダンジュの14は先月と変わりなしです。



■スターペスミツコの14
entry608 2015年 出資馬(1)スターペスミツコの14
父:ゴールドアリュール/母:スターペスミツコ(BMS:カーネギー)
牡 美浦 萩原 清厩舎

NF空港 R-1 厩舎在厩 (早来Fから 9/22 移動)
【12月】11月下旬~12月上旬撮影(12月下旬 474kg)

【11月】10月23日~11月7日撮影(11月下旬 466kg)

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

【現在の調教メニュー】
1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整、週3回900m屋内坂路コースをF20秒のキャンター1本

前回の更新で銜はフルチークで左右のブレを安定させているということを書きましたが、今回はビットガードに変わっていますね。
静止画での乗り役は男性でしたが、動画ではフリンジ付きのチャップスを履いた女性でしたね。
女性が乗ってもしっかりと抑えられていますから、先月のコメントどおりで素直でコントロールしやすい馬なのでしょう。
馬体重が増え、トモに丸みが出てきました。




■Sweet Dreams Babyの14
entry609 2015年 出資馬(2)Sweet Dreams Babyの14
父:Fastnet Rock/母:Sweet Dreams Baby(BMS:Montjeu)
牡 美浦 堀 宣行厩舎

NF空港 B-3 細田厩舎在厩 (NFイヤリングから 10/19 移動)
【12月】11月下旬~12月上旬撮影(12月下旬 492kg)

【11月】10月23日~11月7日撮影(11月下旬 471kg)

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

【現在の調教メニュー】
週3日900m屋内坂路コースをF18~20秒のキャンター1本

そして、静止画の乗り役さんは前回の更新と同じでアダムスブリッジを担当していた方でした。
先月の写真では皮膚が厚い印象でしたが、今月は無駄なものが落ちてシャープになり筋肉の盛り上がりがわかりますね。
常歩での移動時は前回同様に頭頚が下がり良い感じです、相変わらず前進気勢は強いですね。
坂路でも頭頚が下がって良い感じではあるんですが、乗り役さんにF18秒のペースに抑えられているのが嫌なようで頭を振って抵抗しようとしています。
『大型ですが抜群のクッション性を誇る乗り味』とコメントされています。
上手いこと良いますね(笑)。
この馬、募集時から前肢の球節の沈みが深いんですよね。
写真の正姿勢で立たせている時は募集開始時に比べて繋ぎの角度と蹄前面の角度の差が小さくはなりましたが、歩かせるとやはり球節が大きく沈みます。
成長とともにもっと立ってくれればと思います。

前肢の柔らかい繋ぎの持ち主というと、この馬を思い出します。

社台SS トウカイテイオー




■エルダンジュの14
entry610 2015年 出資馬(3)エルダンジュの14
父:クロフネ/母:エルダンジュ(BMS:サンデーサイレンス)
牡 栗東 池添 学厩舎

NF空港 A-1 大木厩舎在厩 (NFイヤリングから 9/12 移動)
【12月】11月下旬~12月上旬撮影(12月下旬 476kg)

【11月】10月23日~11月7日撮影(11月中旬 476kg)

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

【現在の調教メニュー】
週2日900m屋内坂路コースをF17~18秒のキャンター2本

A-1 大木厩舎、正姿勢の写真は毎回手入れ後の蹄油を塗ってからの撮影なんですね。
この馬は芦毛なので『他馬と比べて雄大な馬格』とコメントされてもいまいちピンと来ませんねぇ。
他の2頭とは違い腹袋のある体形ですが、まだ全体的に細い印象です。
動画では坂路を駆け上がっている間は耳が真後ろを向き、抵抗するように顎を上げています。
2本目は1本目よりマシにはなっていますがまだまだこれからです。
脚の運びはきれいで柔らかいです。


FC2 Blog Ranking
ランキング参加中です(クリックして頂けると嬉しいです)。
関連記事

category: ●出資馬2014年産

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ