出走確定(16年2週分)プルガステル  

■プルガステル
1/16 (土) 中山6R 4歳上500万下 ダ1200m 16頭 柴山騎手 56㎏

5日に美浦トレセンへ帰厩しました。
今回も戻して10日の競馬です。
昨年の11月23日以来、2ヶ月弱のぶりの競馬になります。

プルガステル、このタイミングでダートを試してみることになりました。
時期的に芝のレースが少ないですし、変化を求めてダートを試すのはアリだと思います。

これまでダートに関しては一昨年のデビュー戦後と昨年の1月にF.ベリー騎手が乗った前後に話がありました。



2015.1.24 中山5R 3歳未勝利 芝1600m

一昨年のデビュー戦後はNF天栄スタッフが『レースを見ているとフットワークが伸びないことと最後に勢いが鈍っているのは気になるポイント。そう考えるとダートと言う選択肢も考えてもらってもいいのかも』と。
昨年の1月はトレセンでの調教で『ダートコースで走らせた際に気持ちのスイッチが入り最後のほうは速いラップを刻むことになりました』と、木村師。

今回もNF天栄では厩舎長が相当苦労して乗っていたそうで、トレセンに戻してからも相変わらずの状況のようです。
苦しさがあるのか、天井を向くような格好になりがちとか。

スタートダッシュがない馬ですから馬群後方で砂を被るのは確実でしょう。
ゲートを出て馬也でスーッと動ければ問題ないんでしょうが、ある程度押して促さないと動きません。
そうなるとペースが落ち着いたところで掛かってしまう。
今回も鞍上は柴山騎手です。
気性面を気にし過ぎず、積極的な騎乗をお願いしたいです。

ダート替わりがどうなるか、やってみないとわかりません。
何とかこなしてキッカケを掴んで欲しいです。
期待しています!


FC2 Blog Ranking
ランキング参加中です(クリックして頂けると嬉しいです)。
関連記事

category: 出走確定

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ