2014年度募集馬、2歳成績  

キャロットクラブにおいて2014年度に募集された2013年産駒馬の、2歳時における成績をまとめてみました。
私はキャロットクラブの馬にしか出資していませんので、他のクラブと比べてどうかという比較は行いません。

■オープン馬(7頭)
リオンディーズ(シーザリオの13) 朝日杯FS(GⅠ) ※JRA賞最優秀2歳牡馬
ドレッドノータス(ディアデラノビアの13) 京都2歳S(GⅢ)
エスティタート(スキッフルの13) つわぶき賞(500万下)
プロフェット(ジュモーの13) 札幌2歳S(GⅢ)2着
ケルフロイデ(ケルアモーレの13) きんもくせい特別(500万下)
レプランシュ(レディドーヴィルの13) シクラメン賞(500万下)
メートルダール(イグジビットワンの13) 葉牡丹賞(500万下)


2014年度に募集された中央競馬所属の80頭について、全頭、東西トレセン別での勝ち上り率、デビュー率、未勝利馬率、未出走馬率を出してみました。
馬の成長には早熟もあれば晩成もありますが、2歳時における結果です。

■全体(80頭)


■美浦TC(36頭)


■栗東TC(44頭)


2歳時においては東西トレセンの差はありませんね。
今はクラブWEBサイト(携帯版)の表示方法が変わってしまいましたが、昔は古馬の表示が東西で分けて表示できました。
それを見ると現役古馬のほとんどは関西馬だったと覚えています。
現在の状況(2016年第1週)がどうかと4歳以上の現役馬をソートしてみたところ、関東馬が59頭、関西馬が62頭でした。
これを5歳以上で見てみると、関東馬が36頭、関西馬が39頭です。
そもそも募集馬は関西馬の方が多いですから東西の差はないと思っていいのではないでしょうか?
まァ、あくまでも古馬で残っている馬ということで、クラスについてまでは確認していません。


■引退(3頭)
シャソヴァージュ(リーピングキャットの13) 2015.12.9 左前脚第一指骨骨折
オリンダ(コーレイの13) 2015.9.9 骨盤骨折の疑い
ポプルス(マクダヴィアの13) 2015.10.30 内臓疾患により死亡

■募集中止・募集取り下げ(2頭)
リードストーリーの13 2015.2.19 右前種子骨骨折、競走能力喪失で募集取り下げ
クルソラの13 2014.9.3 内臓疾患で募集取り下げ


FC2 Blog Ranking
ランキング参加中です(クリックして頂けると嬉しいです)。
関連記事

category: ★検討データ

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ