競走結果(16年4週分)ホーカーテンペスト  

昨夜はサッカーU23のアジア選手権を見ました。
韓国に3-2の大逆転で勝利し、アジア王者としてリオ五輪へということになりましたね。
前半で韓国に2点を取られた時点で「やっぱりダメか」と思いました。
浅野選手のガオー!待っていましたよ。
おめでとうございます!

その試合のハーフタイムだったでしょうか、ホーカーテンペストを人気をチェックしてみると1番人気でした。
まァ、このところ調子の良いキャロットのクラブ馬だし時間的に1番人気になってもおかしくはないと思いましたが、朝10時過ぎの段階でも1番人気でしたね。
平地のオープン馬ですから平地の脚は確かといってもそれは最終障害を跳んだ後の話。
そこまで行けるかどうかですよね。

ブックに津曲助手のコメントとして「飛越は上手」とありましたが。。。

出資馬が引退するとなった時、いつも障害でも誘導馬でもいからなんとか残ってくれないかと思います。
ですが、平地のオープン馬のホーカーテンペストが出資馬第一号の障害馬になるとは思っていませんでした。
しかし、これまで脚元に問題が出なかったこの馬が障害に使えないようでは今後出資馬から障害馬が出ることはない。
と、いう思いもあります。


では、競走結果です。

■ホーカーテンペスト
1/31(日) 中京5R 障害4歳以上未勝利 芝障3000m 五十嵐雄騎手 60㎏
14頭 2人気 2着 516kg (+10)


まず五十嵐雄祐騎手について。
出資馬への初騎乗かと思っていましたが、過去のデータを見てみると10年前にシルクの馬で平地競走に乗っていました。

恥ずかしい話ですが、中京4Rの障害競走を見て初めての中京の障害コースがどういうものなかを知りました。
平地の芝コースに可動式の竹柵ハードルを置いたものなんですね。
緒戦とはいえ、これで勝ち負けがないようだと正直厳しいなと思いました。

馬体重は前走から+10kgでした。
去勢したことが体質にどう影響したのか気になっていましたが、これなら大丈夫でしょう。
太いというよりは緩い感じで、男馬と騙馬では無駄肉の付き方が違うのでしょう。


最初の障害では飛越後に天井を向くように頭を上げてしまい、予想どおりの姿勢に。
飛越は低いですが、スピードを出して距離を跳ばなければいけない分、初めてのレースなので仕方ないかなと思います。
レースに慣れてくれば高さを跳べるようになり、スムーズになると思います。
このままじゃ1つ勝っても中山の山あり谷ありのコースではキツイでしょう。

2周目の向正面から馬の飛越に騎手の随伴が合わなくなって鞍の上で尻餅をついていましたね。
下手をすると落馬もありそうな状況。
これが五十嵐雄騎手のいう雑になった部分でしょう。
私も馬に乗っていた頃はそういうので何度も落ちかけたことがありますからよくわわかります(爆)。

また、「周囲に気を遣っていたりした」ということですが、これ、NF天栄でコメントされていた”去勢の影響”でしょうかね。

最終障害は1着馬から3着馬までがほぼ同時に飛越というタイミングでしたが、1着馬スカイパッションが少し早かったですね。
真ん中のメイショウオヤシオが止まり、ホーカーテンペストが追い上げましたが、その少しの差を挽回することはできませんでした。
平地の脚は確かといっても初障害ですからねぇ、最終障害ゴールまでが200mじゃあ差し切れませんでした。
まァ、着差は1/2馬身でしたしダメじゃないんですけど、正直ガッカリでした。
なんて言ってはいけませんね(爆)。

なお、メンバーが揃ったと思っていた同条件の4Rなら勝っていたタイムですが、初障害で先行馬を見ながらのレースですから単純に時計では比較できません。
次走についてですが、中2週の2/20 東京4Rに障害競走はありますが、それはダートですからねぇ。
3/12から始まる第2回中京競馬の同条件になるんじゃないですかね?


FC2 Blog Ranking
ランキング参加中です(クリックして頂けると嬉しいです)。
関連記事

category: 競走結果

tb: --   cm: 2

コメント

完走できないかと思った

障害を前に毎回急ブレーキという感じではありませんでしたから、脚を合わせるのは上手にこなせたのかもしれませんが‥‥

アレ、跳んでます? またいでない?(笑)

オモチャみたいな可動式の竹柵でヒヤヒヤさせられちゃうんですから、中山とか絶対ムリだと思うんですが。(汗)

稲妻利一 #RPP6IxVA | URL
2016/02/01 22:45 | edit

■稲妻さん。

そうですね、スムーズに流れていましたからね。
あの竹ぼうきが逆向きで並んだみたいな障害でも高さは1.2mありますから、腹は擦っていますがさすがに跨げませんよ(笑)。
実際、1.2mの高さを跳ぶのは恐怖心が出ますよ、乗っている人間も。

中京はハードル障害ですから高く跳ばなくても飛越はできますが、中山は障害前で『溜めて溜めてドーンッ』と踏み切らないと飛越できませんからね。
障害デビューまで短い時間でしたし、これから練習を重ねていけば踏み切りも上手になって高く跳べるようになると思います。

練習しすぎてまたトモに疲れが溜まらなければいいんですけどね。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2016/02/01 23:34 | edit

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ