出資馬近況(16年1月末)2歳馬  

キャロットクラブの2月の最大イベントというと、やっぱり募集馬の馬名決定ですよね!
昨年は2/19(木)でした。
今年も同じスケジュールならば2/18(木)でしょう。


では、2016年1月末の2歳馬の近況です。



■スターペスミツコの14
entry608 2015年 出資馬(1)スターペスミツコの14
父:ゴールドアリュール/母:スターペスミツコ(BMS:カーネギー)
牡 美浦 萩原 清厩舎

NF空港 R-1 厩舎在厩 (早来Fから 9/22 移動)

【1月】12月下旬~1月上旬撮影(481kg)

【12月】11月23日~12月10日撮影(474kg)

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

【現在の調教メニュー】
1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整、週3回屋内坂路コースをF17~18秒のキャンター1本


スタッフのコメントに『元気の良い気性』とありますね。
今回も女性が乗っていますし、元気といってもアレじゃないので一安心。
きっと馬房の中で動き回っているんでしょうね、胸前の毛が馬服で擦れて擦り切れています。
全体的に冬毛が出ていますねぇ。
これは体質的なものもありますし、今年出たから来年も出るかというとそういうものでもない。
それはそうと、左後肢の球節上外側のアレはなんですかね。
外傷痕か?
まァ、コメントで触れていないので気にしなくてもいいでしょう。




■Sweet Dreams Babyの14
entry609 2015年 出資馬(2)Sweet Dreams Babyの14
父:Fastnet Rock/母:Sweet Dreams Baby(BMS:Montjeu)
牡 美浦 堀 宣行厩舎

NF空港 B-3 細田厩舎在厩 (NFイヤリングから 10/19 移動)

【1月】12月下旬~1月上旬撮影(493kg)

【12月】11月23日~12月10日撮影(492kg)

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

【現在の調教メニュー】
週3日屋内坂路コースをF17秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整メニュー

先月の写真と比べると、トモが高くなり胴が詰まったように感じます。

前回のentryで触れた父Fastnet Rock産駒のクリミアタイガーが1/30の東京4Rで2戦目を迎えました。
デビュー戦は芝2000mで3番人気3着、今回は芝2400mで4番人気11着と大きく負けましたねぇ。
4角を最後方で回って良いところなく終わってしまいましたが、550kgの馬体で芝コースの掘り起こしが耕運機のようで半端なかったですね。
Fastnet Rock産駒はさすがに2400mは。。。じゃないでしょうか。




■エルダンジュの14
entry610 2015年 出資馬(3)エルダンジュの14
父:クロフネ/母:エルダンジュ(BMS:サンデーサイレンス)
牡 栗東 池添 学厩舎

NF空港 A-1 大木厩舎在厩 (NFイヤリングから 9/12 移動)

【1月】12月下旬~1月上旬撮影(495kg)

【12月】11月23日~12月10日撮影(476kg)

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

1月12日に左前脚の骨片除去手術を行い、現在は舍飼休養です。
今回更新された写真は3枚なんですが、全部顔だけでした。
動画を見ると1/6までは坂路に入れていましたから、撮影日の関係で顔だけの撮影になったのでしょう。

この中間に抜糸を行い、状態を見た上で徐々に曳き運動から開始ということですが、もうすぐ手術から20日が経ちますから曳き運動を開始している可能性もあります。
ざっと今後のスケジュールはこんなもんでしょうね。
 1ヶ月でウォーキングマシンでの調整(2月上旬)
 2ヶ月で周回ダートコースでハッキング調整(3月上旬)
 3ヶ月で屋内坂路コースでF17秒のキャンター(4月上旬)



FC2 Blog Ranking
ランキング参加中です(クリックして頂けると嬉しいです)。
関連記事

category: ●出資馬2014年産

tb: --   cm: 2

コメント

ミツコさんの左後肢

はじめまして。
いつも楽しく拝読しております。
スターペスミツコ14の左後肢の球節付近、もしや繋皸(けいくん)でしょうか。
何れにしても、仰るとおり特にコメントがないのであれば、気にしなくていいのでしょうね。
いきなりのコメント、失礼しました。

一口名無し #- | URL
2016/02/02 22:53 | edit

■一口名無しさん。

はじめまして。
コメントありがとうございます。

球節の下、繋ぎの後ろ側ならケイクンの可能性もあるかと思いますが、横ですからねぇ。
それにノーザンFがケイクンを発症させるなんて恥ずかしいことはしないでしょうし、全く疑っていませんでした。
まァ、その昔美浦の外厩で働いていた友人が某トップトレーナーの馬がケイクンになって戻ってきたと聞いたことがありましたが。

今回同時更新された調教中の写真では、1枚は後肢にプロテクターを付けずにそのアヤシイ部分が見えますよね。
脚元が見えない写真をアップしてくれたらよかったのにと思います。

またコメントお待ちしております。
よろしくお願いします。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2016/02/02 23:29 | edit

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ