出走確定(16年5週分)シュネルギア  

このところ訃報が続いています。
今度は『Earth, Wind & Fire』のモーリス・ホワイトが亡くなったそうです。

『Earth, Wind & Fire』は私の音楽の好みから言うとストライクゾーンじゃないんですが。
そもそも、ディスコ・ミュージックというものがあまり好きじゃなかったですし。

個人的と言うか年代的には『Earth, Wind & Fire』は、どちらかというと元ジェネシスのフィル・コリンズとEasy Loverをデュエットしたフィリップ・ベイリーが元いたバンドという印象です。
モーリス・ホワイトは、ディズニー映画の『トイ・ストーリー』のポテトヘッドにアフロのカツラを被せたような風貌が印象的でしたね。

『Earth, Wind & Fire』というと、私はSeptemberよりもFantasyなんですが今回はモーリス・ホワイトに敬意を表してSeptemberを。

September / Earth, Wind & Fire



今週は2頭のメス馬が出走します。

現在の出資馬ではメス馬は2頭なので全頭ということになります。
そしてどちらも母馬は元出資馬、そういう意味でも全頭ということになります。


■シュネルギア
2/6 (土) 京都6R 3歳未勝利 芝1600m 16頭 岩田騎手 54kg

シュネルギア、1月11日の新馬戦で4着になって以来、中3週での競馬になります。

その新馬戦後、次走は中3週で 『2/6 京都5R 芝1600』 か、同日の 『2/6 京都6R(牝) 芝1800』 になるんじゃないかと思っておりましたが、メス馬限定ではなく男馬とのレースが選択されました。

デビュー戦の内容から距離はあと1F延びてもこなしてくれると思ったんですが、1600mに拘った理由はなんなんでしょうか?
平田師がこの相手でも勝ち負けと判断したのならばそれはそれでいいのですが。。。
これまでの出資馬リーチコンセンサス、アンヴァルトの固執したレース選びからそうとは思えないんすがねぇ。
1800mという距離がこなせるならば、5Rのほうが相手関係は楽だと思います。

6Rはシュネルギアのデビュー戦に乗り今回は乗れないと依頼を断った浜中騎手は、1番人気になると思われるオリヒメ(石坂厩舎)に騎乗。
浜中騎手は5Rには騎乗馬無し、除外馬も無しなのでシュネルギアが5Rを選択すれば乗ってくれたでしょう。
ちなみに6Rは非当選が1頭、非抽選が3頭で全4頭が除外。
6Rの出走馬はオリヒメの他では母エアグルーヴのショパンもいますし、同じキャロットのフェザリータッチはデビュー戦が3着だったのでこれも人気でしょう。
競馬ブックの予想ではシュネルギアは以上の3頭に続く4番人気となっています。


シュネルギア鞍上の岩田騎手の今年これまでの成績は 『96戦6勝、勝率0.063』 ということで物足りない成績ですね。
月が2月に改まり、勝機が訪れてくれたらいいのですが。

シュネルギアは食べたものが身になりにくいメス馬ですが、前走後の反動なく状態は安定しているとのこと。
また、デビュー戦の後はちょっと体が減ってしまったそうですが、だんだんと飼い葉食いも良くなり、トモもしっかりとしてきているということです。
気性面では一度競馬を使ったことでいい意味でうるささが出てきたのこと。
2戦目でどれだけの競馬をしてくれるのか楽しみです。
期待しています!


2015年3月 NF早来


FC2 Blog Ranking
ランキング参加中です(クリックして頂けると嬉しいです)。
関連記事

category: 出走確定

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ