アカゾナエ  

先日entryしたアダムスブリッジのことで乗馬仲間と連絡を取り合ったのですが、そこでまた新たな情報を聞きました。
昔、私が乗馬をやっていた時に指導していただいた方が独立して乗馬クラブをオープンしたとのこと。
なんと、そのクラブの場所がウチから車でチョットのところでした!!

近いうちに見に行ってみます!
久しぶりに馬に乗ってみますかね(笑)。


その流れて今日は乗馬の話です。

昔と言っても10年ちょっと前の話ですが、乗馬クラブにアカゾナエという名前の馬がいました。
元競走馬で、現役時も同じ名前でした。

[地] アカゾナエ
1997年4月20日生 牡馬 42戦0勝
父:カツラギエース
母:ロータリーフローラ(BMS:ホリスキー)



私が乗っていたころは7歳前後だったでしょう。
(自馬ではありません)
脚元が丈夫ではなかった馬でしたねぇ。
確か、蹄の状態が良くなかったと思います。
障害ではなく馬場のレッスンで使われていました。
記憶がだいぶ薄れてきましたが、鞍上が何もしないで乗っているだけなら問題ない馬なんですが、スイッチがたくさん付いている馬で、そのスイッチに触れるもんなら大変なことになっていました。
何度落とされると覚悟して乗ったことか。
競馬では全然ダメでしたが、乗馬では良かったですよ。


いろんな馬がいましたね。
私が乗っていた頃は、まだアングロアラブの元競走馬がいましたね。
サラブレッドの元競走馬では、昔のダビスタに出てきた馬にも乗りましたよ。
「こんな動かない馬がよく新馬勝ちしたな」とか「4勝もよくできたな」とかね。
まァ、いつも最後は「武豊が乗って勝てなかった馬が、オレが乗って動くわけない」というオチですが(笑)。


今年のNHK大河ドラマは真田雪村(信繁)。を主人公にした『真田丸』なんですね。
大河ドラマはやっぱり戦国時代をやると視聴率がいいんですねぇ。

我が家の日曜20時は『世界の果てまでイッテQ!』なので『真田丸』は一度も見たことありませんが。

まァ、私がアカゾナエが『赤備え』だと気が付いたのは、真田の赤備えではなく井伊の赤備えなんですけどね。


FC2 Blog Ranking
ランキング参加中です(クリックして頂けると嬉しいです)。
関連記事

category: ▲乗馬、外乗のはなし

tb: --   cm: 2

コメント

赤備え

信玄ファンの私にとって、赤備えといえば
飯富虎昌です。
井伊の赤備えは、飯富兵部を倣い
家康が作らせたと記憶しています。

我が家では毎週欠かさず『真田丸』を観ていますが、
勝頼が天目山で自刃してしまったので、寂しい限りです。


私も出資馬が引退して乗馬になったら
一度乗りに行きたいなぁと思っているのですが、
どこで乗馬になっているのかは
きっと教えて頂けないのでしょうね…。

Emma #81/lD5GQ | URL
2016/02/11 16:27 | edit

■Emmaさん。

時代小説は”エロジジイ”の池波正太郎先生が好きなのでよく読みます。

ブログには余計なことは書けませんが、引退後の出資馬の行方を知るのは難しいでしょうね。
探ればわかることはあるでしょうねぇ。
知る方法はあると思いますよ。

出資馬が引退して乗馬になったら乗ってみたいとうのも私が乗馬を始めた理由の一つですが、未だ実現せずです。
まァ、実現しないほうがいいのかもしれませんけど。
ですが牧場見学に行った際に『乗馬経験者』ということでラッキーなこともありますよね(笑)。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2016/02/11 22:07 | edit

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ