サーブルオール、アジュールローズ、トライアルへ  

先々週のレースで2勝目をあげ、オープン馬になったサーブルオールは、NHKマイルカップのトライアルレースへ。
先週のレースで同じく2勝目をあげ、オープン馬になったアジュールローズは、日本ダービーのトライアルレースへ。

シュネルギアも桜花賞トライアルとなっていれば万々歳だったんですが、やはり全頭が上手くいくということはありませんね。


■サーブルオール
4/9 (土) 中山11R ニュージーランドトロフィー (GⅡ) 芝1600mを予定。

8日にNF天栄に放牧され、その後順調です。
遅くても3/28の週前半にはトレセンに戻されるでしょう。


※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。


2016.3.5 中山9R 黄梅賞 (500万下) 芝1600m

サーブルオールがこれまで出走したレースは全て中山競馬場でした。
トライアルレースのニュージーランドトロフィーも中山競馬場です。
やはり一度も東京競馬場を経験していないというのは心配です。
まァ、その心配は権利を取ってからすればいいですね。

サーブルオールがNHKマイルカップに出走することになったとしたら、2008年のリーガルスキーム以来になります。


2008.5.11 東京11R NHKマイルカップ (GⅠ) 芝1600m リーガルスキーム


■アジュールローズ
5/7 (土) 東京11R プリンシパル (OP) 芝2000mを予定。

前走後、特に問題ないそうです。
今後は1ヶ月前後NF天栄に放牧に出すということです。
古賀慎厩舎は目標レースの3週前にトレセンに戻すというのが調整スタイルですから、4/11の週か遅くてもその翌週に美浦に戻すことになるでしょう。


※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。


2016.3.12 中山7R 3歳500万下 芝2000m

古賀慎師が『スポーツ報知 POGブログ』にも書いてあった”次走はダートに戻して”のボケをクラブの公式でもコメントしていましたが、これは軽く流しておきます。

パドックではチャカチャカする場面もありましたが、レースは前半1000mが65秒というスローペースでも掛からなかったので、古賀慎師は距離は保ちそうとコメントしていました。
で、次走はどちらのダービートライアルかというと、そうは言っても距離のこともあり他のキャロットの馬との使い分けの関係もあるんでしょう、芝2000mのプリンシパルSをメインに考えて行くということになりました。

プリンシパルSは1着の馬にしか優先出走権は発生しません。
(1996年新設当時は2着馬まで優先出走権は発生、2010年から1着馬のみに変更)

また、本番までは中2週となります。
たとえ権利が取れたとしても、プリンシパルS組の過去の結果から大きなことは言えません。
しかしプリンシパルSの勝ち馬はその後出世していますから、楽しみであることにはかわりありません。

今年は関係ないと気楽に構えていた日本ダービーですが、昨年のアダムスブリッジに続き2年連続で出資馬が出走するかもしれません。
まァ、その心配は権利を取ってからすればいいですね。


2015.5.31 東京10R 日本ダービー (GⅠ) 芝2400m アダムスブリッジ


FC2 Blog Ranking
ランキング参加中です(クリックして頂けると嬉しいです)。
関連記事

category: ●出資馬2013年産

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ