競走結果(16年11週分)ベルプラージュ  

今日のパドックは珍しい人がベルプラージュを曳いていました。
帰宅後に下記で確認してみると、前走のレース後から佐々木力調教厩務員がベルプラージュの担当になったということです。



競馬ラボ】ホースマンDAYS 佐々木力調教厩務員

競馬ラボの紹介プロフィールにも書いてありますが、グラスワンダーを2歳から担当していた大西さんが定年後、佐々木さんがグラスワンダーの現役最後の年を担当したんですよねぇ。
15年前のことなので当時のことはもう覚えていませんが、なぜ経験の浅い佐々木さんにグラスワンダーを任せたのか等々何かで読みました。
大変な気苦労だったでしょう。


では、競走結果です。

■ベルプラージュ
3/21 (月) 中山9R 鎌ケ谷特別 (1000万下) 芝1600m 吉田豊騎手 52㎏
16頭 10人気 12着 458kg (-4)


私はベルプラージュの全レースを現地で見ているわけではないですが、今日のパドックは元気がないというか、大人しいというか、そのような印象でした。
厩舎の担当者が変わったからでしょうか、前走まで青色だった天井(頭絡)が白くなっていました。
鼻革がないタイプです。







う~ん。
今日は『末がキレ無い馬をそんな位置取りじゃあ斤量が49kgでも勝てねえじゃねえかっ!』と思って見ていましたが、レース後の吉田豊騎手のコメントによると、馬の行きっぷりがよくなかったとか。
最近はズブくなってきているということですし、約1年ぶりの芝、そして1000万下クラスのマイルのスピードに付いていけませんでした。
土曜日の雨がベルプラージュに見方してくれるかと思っていましたが、昼過ぎにダートコースは重から稍重に変わり、日差しも出てきましたので芝コースもだいぶ乾いてきていたのでしょう。
クラブのコメントにもありましたが、8着の馬とは0.1秒差でしたから12着という着順ほどは負けてはいないと思いますが。。。

出資馬の5週連続勝利を期待していましたが、やはり甘くはなかった。
ベルプラージュの今後についてはレース後の状態を見てから続戦か放牧かということですが、休み明けを3戦しましたし放牧でしょうね。

3月というと6歳のメス馬(クラブ馬)が引退する時期です。
5歳のベルプラージュもあと1年。
頑張ってもらいたいです。


サーブルオールが4着だった若竹賞で6着だったマイネルハニーが昨日のスプリングSで2着。
まァ、若竹賞でのマイネルハニーはパドックからイレ込んでいたので、あのレースは参考外でしょう。
そして若竹賞で3着だったゲッカコウは今日のフラワーCで2着でした。
サーブルオールがニュージーランドTでどういう走りをしてくれるのか、楽しみです。

最後になりましたが、今日競馬場でお会いした皆さん、ありがとうございました。
今日はメインまで残っていればよかったなぁ、と思いました。


FC2 Blog Ranking
ランキング参加中です(クリックして頂けると嬉しいです)。
関連記事

category: 競走結果

tb: --   cm: 4

コメント

鼻革

ベルプラージュ、馬券を買って応援していましたが、
残念でしたね。


青色の手綱と白色の頭絡がとても綺麗だなあと思って見ていましたが、
鼻革が無いのには全く気付きませんでした。
ハミがずれたりしないのでしょうか。

ベルプラージュも現役はあと1年ですか。
怪我なく無事に現役生活を全う出来ます様に。

Emma #- | URL
2016/03/21 22:04 | edit

お疲れ様でした

本日は、お疲れ様でした。

なかなか勝ち続けることがきびしい世界で無事6才春まで走って繁殖に上ることは、すごいことだと思います。
ベルプラージュもそうなってもらえればいいですね。

カミーユ #7b9Xw6fM | URL
2016/03/21 22:24 | edit

■Emmaさん。

応援ありがとうございます。

競走用の頭絡(天井)は本来鼻革が付いていないことが基本的な形なんですが、今は付いているのが当たり前になっていますね。
真っ直ぐ走らせるだけ(走ってくれる)なら不要なんでしょうが、そうはいきませんからねぇ。
今はクロス鼻革でガッチリ口を締められているプルガステルも、素直だった2歳時は鼻革はなかったんですよ。

大学の馬術部出身の調教師が増えてから競馬で鼻革を使う厩舎が多くなったのと本で読んだような気がします。

ベルプラージュもあと1年、なんとかもう1つ。
できることなら特別を勝ってくれたら繁殖としての箔が付くんですけどねぇ。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2016/03/21 23:23 | edit

■カミーユさん。

今日はお互いに残念でしたね。
カミーユさんの出資馬を見たことで加藤征厩舎の馬装の工夫を見ることができました。
私も加藤征厩舎の馬に出資することがあったらブログに書きたいと思います。
まァ、永遠に出資することはないかもしれませんけどね(爆)。

メス馬はある時突然に走らなくなることもありますからねぇ。
6歳春まで走り続けるというのは凄いことだと思います。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2016/03/21 23:24 | edit

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ