競走結果(16.04.17)シュネルギア  

まずはデビュー前から3戦目までの馬体重をのおさらいをしておきます。

帰厩直後のentryで『450kgで戻ってきてほしかった、やはり増えなかった。これから競馬に向うとなると、430kgを切るかどうかというところ。これでは今回の帰厩で競馬を使えても2回がやっと』と書きました。
430kgは切りませんでしたが、前走と同じでした。

 11/25 NFしがらき 448kg
 12/18 栗東トレセン帰厩
 01/11 3歳新馬 440kg
 02/06 3歳未勝利 432kg
 02/12 NFしがらきへ放牧
 03/29 NFしがらき 442kg
 03/31 栗東トレセン帰厩
 04/17 3歳未勝利 432kg


では、競走結果です。


■シュネルギア
4/17 (日) 阪神4R 3歳未勝利 (牝) 芝2000m 秋山騎手 54㎏
15頭 7人気 9着 432kg (±0)


今日はレーシングビュアーで観戦しました。
心配の馬場ですが、重馬場でしたねぇ。
パドックは曳いているスタッフが上半身を後傾して抑えるほどに前進気勢がありました。
まァ、前進気勢は良いほうの解釈で、普通はイレ込んでいたということなんですが。


ゲートは開いた瞬間に両前肢をあげてしまい、あおる形で発走。
後手を踏んでしまいました。
1頭だけスーッっと下がる形になってしまいましたが、1角で馬群最後方に取り付きました。
馬群を追うシュネルギアの脚元を見ると馬場はやはりボコボコで、この馬には不向きなのが一目瞭然。
着順云々だけではなく、如何にダメージを残さないで次へ繋げるレースが課題かなと思って見ていました。
向正面中ほどから秋山騎手の手が動き始め、徐々にポジションを押し上げようとしていましたが、上がって行かず。
4角を14番手で回り、この馬なりに伸びてはいますが、9着まで。

秋山騎手によると『とにかくまだ幼い。ゴーサインにもどう応えていいか分からないといった感じ。調教に乗せていただいた時も、”早く帰りたい”という気配ばかりで全然集中していない』とのこと。
また、馬場云々の前にレースでの走り方が分かっていないということですから、本来ならば使いながら競馬を覚えさせて行きたいとなるんでしょうが、馬体がすぐに細化しますからねぇ。
どうするんでしょうか。

レース後、平田師のコメントはありませんでした。
クラブのコメントでは続戦がありそうですが、放牧でしょうね。


FC2 Blog Ranking
ランキング参加中です(クリックして頂けると嬉しいです)。
関連記事

category: 競走結果

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ