2歳馬近況(16年4月末)バリングラ  

JRAレーシングビュアーに雑誌『優駿』との連動企画で2016 POG 2歳馬特集というコンテンツがありました。
そこに掲載されてしたキャロットの馬は、グローブシアター(シーザリオの14)、バルデス(ディアデラノビアの14)、ステッドファスト(パーシステントリーの14)、トゥザクラウン(トゥザヴィクトリーの14)、オーバーレイ(ヒシシルバーメイドの14)の5頭でした。

グローブシアターは森下厩舎長がインタビューで移動時期、適距離についてコメントしていましたね。
トゥザクラウンは、林調教主任から厩舎を引き継いだ木村厩舎長が馬体とデビュー時期についてコメントしていましたね。
バルデス、ステッドファスト、オーバーレイは坂路動画のみ。


■バリングラ
entry609 2015年 出資馬(2)Sweet Dreams Babyの14
父:Fastnet Rock/母:Sweet Dreams Baby(BMS:Montjeu)
牡 美浦 堀 宣行厩舎

NF空港 B-3 細田厩舎在厩 (NFイヤリングから 10/19 移動)

【4月】3月下旬~4月上旬撮影(513kg)

【3月】2月25日~3月12日撮影(522kg)

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

【現在の調教メニュー】
週3日900m屋内坂路コースをF15秒のキャンターで2本


育成厩舎が違うので単純に比較はできませんが、エピカリスとバリングラではペースは同じでも登坂日数はバリングラのほうが1日多いですね。
牧場スタッフのコメントに『以前と比べるとトモに力が付いてきました』とあります。
これは以前にも出たコメントで、実際にはまだまだ理想と言えるとこまでは至っていないということでしょうね。

先日のentryで『デイリー虎の巻』において弥永さんがバリングラが”ダートなら鉄板”と評していることを書きました。
このブログで取り上げたことのあるバリングラと同じ父Fastnet Rock(BMS:Sadler's Wells)のクリミアタイガーが日曜日の東京3R、ダ2100mで勝ち上がりました。

2016.04.24 東京3R 3歳未勝利 ダ2100m クリミアタイガー


騎乗した柴山騎手によると、ブリンカーとシャドーロールで馬が一変したそうですね。
相手関係はわかりませんが、これまで同様に直線向いて伸びあぐねている感じでしたが、今回は差し切りました。
芝2000mでデビューして3着、芝2400mで11着、ダート2100mで1着。
ダートの2100mで勝ち上がってこの先どこを目指すのか。
バリングラもこれだと困りますね。
また、このレースの2着馬は同じくこのブログで取り上げたことのある”2代目”アルティジャーノでした。
元出資馬である初代アルティジャーノはどうしようもなかった馬でしたが、2代目は勝ち上がるかもしれませんよ!


FC2 Blog Ranking
ランキング参加中です(クリックして頂けると嬉しいです)。
関連記事

category: ●出資馬2014年産

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ