競走結果(16.06.19)サーブルオール  

レースは成田空港に到着後、空港内を移動中にレーシングビュアーで観戦。
スマホの電源を入れた途端に溜まっていたメールを次々に受信し、その中にサーブルオールのお祝いメールがあるだろうと期待しましたがありませんでしたねぇ。
帰宅後、パソコンでレースを見直しました。

では、競走結果です。


■サーブルオール
6/19 (日) 函館12R 北斗特別 (1000万下) 芝1800m 池添騎手 54㎏
16頭 2人気 2着 480kg (+2)



今年の函館競馬の開幕週。
斤量がサーブルオールよりも1㎏軽い53kgの同じ3歳馬ルグランフリソンに逃げ切られてしまいました。
ハンデキャッパーにやられた(爆)。

まず騎手についてです。
萩原師から特にコメントはありませんでしたが柴山騎手ではなく池添騎手になりました。
(柴山騎手、11Rはティソーナに騎乗、12Rは騎乗馬無し)


今回もリング銜でした。
リング銜を使うのはルメール騎手が乗った黄梅賞から3戦連続です。
クラブの公式コメントにはありませんでしたが、競馬新聞等には1800mという距離が不安という萩原師のコメントがあったそうですね。
道中のペースによっては掛かってしまうことを心配し、今回もリング銜を選択されたんでしょう。
ゲートをすんなりと出て道中は2番手を追走。
出て行かせたので2角で掛かりそうになりましたが、結果としては逃げたルグランフリソン鞍上の三浦騎手のペースを落とし過ぎない淀みない流れでサーブルオールは掛かることはなかったですね。

逃げるルグランフリソンを見ながら、後ろには有力馬のマキシムドパリ。
池添騎手、乗りにくかったでしょう。
レースは3歳馬同士の決着になりましたが、古馬相手にも通用することがわかりました。
ですが、あそこまで追い詰めたのなら交わして欲しかったですねぇ。
勝ったのかと思いましたよ。

さて今後ですが、函館競馬の残る第1回開催および第2回開催における1000万下条件は芝2000m以下の競走は1200mしかありません。
それをわかった上での滞在競馬ですから、やはり芝2000mを使うのでしょうね。
萩原師、北斗特別が芝2000mは無理という内容だったらどうしたんだろ(笑)。

心配の馬体重は微増の+2㎏でした。
滞在競馬なのでもっと増えてほしかったのですが、やはり増えずでしたね。
中1週で洞爺湖特別があります。
それを使うとなると更に減る心配がありますし、減ってしまうと戻すために放牧を考えないといけなくなります。
そうなってしまうと札幌競馬を使えなくなってしまいますね。
それにソエも心配ですからねぇ。
どうしますかね?

洞爺湖特別のついでに、巴賞も特別登録をしてみたりして!?

関連記事

category: 競走結果

tb: --   cm: 2

コメント

中1週洞爺湖特別のようですね。
ハービンジャー産駒って間隔詰めて良いイメージがないのですが^^;
特にサーブルオールは気性的に危ういですし。
でも、滞在競馬ですからね。
中1週でも勝ってくれることを信じています。

まこと #GCA3nAmE | URL
2016/06/22 20:35 | edit

■まことさん。

次走はやはり中1週のようですね。
どうやらW登録はない感じで(笑)。

滞在競馬に期待したいです。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2016/06/22 23:46 | edit

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ