出走確定(16.07.02)サーブルオール  

今日、キャロットクラブの今年2回目のキャンセル馬再募集が発表されました。
これについては後日触れたいと思います。


■サーブルオール
7/2 (土) 函館12R 洞爺湖特別 (1000万下) 芝2000m 12頭 柴山騎手 54㎏


6/19の北斗特別から中1週での競馬になります。

鞍上は柴山騎手になりました。
前走の北斗特別は、特別登録時の競馬ブックの想定では柴山騎手でしたが、レースに騎乗したのは池添騎手でした。
当日、柴山騎手は函館競馬場で乗っていたのですが、なぜかサーブルオールには乗りませんでした。
萩原師からは特に説明がないままレースを迎えました。

今回も競馬ブックの想定では柴山騎手でした。
前走で下した柴山騎手になぜ依頼したのか萩原師はハッキリとコメントしていませんが、本心は池添騎手に乗って欲しかったんじゃないですかね?
そんなコメントでしたね。
池添騎手は洞爺湖特別当日は中京競馬場に参戦です。
まァ、サーブルオールは状況によっては洞爺湖特別を回避する可能性があったので、池添騎手に依頼できなかったのでしょう。

柴山騎手、ここで結果を出さないと次ぎはないという騎乗を見せて欲しいですね。
ですが、函館芝2,000mでの柴山騎手の成績をどう捉えたらいいものか。

柴山雄一のStaring Over 競馬ラボ】フェイムゲームは絶好枠!相手は強いですが、一発を狙います!

また、こちらでは『サーブルオールは初距離となる2000m戦での競馬』とコメントしていますね。
芝2000mの新馬の鞍上が誰だったのか、私も忘れてしまいたい(爆)。

柴山雄一のStaring Over 競馬ラボ】土曜は函館で騎乗!この距離で押し切りたいですね!

見なければ良かった。


サーブルオール、今回は初めての中1週での競馬です。
慎重な萩原師がゴーサインを出したのですから、状態に不安はないのでしょう。
とはいえ、心配なのはやはり馬体重。
6/19の北斗特別に向けて6/4にNF天栄からトレセンを経由せずに直行で函館競馬場に入場しました。
馬体重はニュージーランドTから+2㎏の480kgでした。
滞在競馬なのでもう少しは増えてくれるかと思っていましたが、案外でしたねぇ。
この中間の馬体重を量ったら476kgだったとか。
やはり増えませんね。
今回、勝っても負けてもNF空港に放牧し、後半の札幌競馬で備えるか、それとも秋競馬まで休みになるか?
ということになるでしょうね。

相手筆頭はやはりバイガエシでしょうね?
前走のマキシマムドパリもですが、この辺の馬をしっかりと負かしておかないといけません。
期待しています!



関連記事

category: 出走確定

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ