台北旅行 '16 その3 タクシーとレンタル自転車  

今回の旅行では一度もタクシーに乗りませんでした。
ですから遠回りされたとかボッタクリに合ったという話はありません。
ちなみに、台北の初乗り運賃はNT$70(約230円)です。
(NT$1=3.29円で計算)

台北のタクシーは、ハイエースのようなバンタイプのタクシーも普通車タイプのタクシーも走っていましたが、トヨタのミニバン、WISHが多かったですねぇ。






ベトナム・ホーチミンのタクシーは、ミニバンのトヨタ・イノーバ(Innova)がほとんどでしたが、台北ではイノーバのタクシーは見ませんでした。
偶然撮ったこの写真は、左がタクシーのWISHで右が自家用車のイノーバです。



ベトナム・ホーチミンのタクシーは車体に描かれた番号で優良会社とボッタクリ会社の見分けがつきましたが、台北は全車黄色いので違いがわかりません。
現地の人は、タクシーに乗ったら何かあった時のために会社名と従業員番号?をメモしておけと言っていましたが、ホントに必要ですかね?

写真を整理していたら面白い写真があったので貼っておきます。
たぶん国道クラスの道路だと思いますが、向って左がレクサス、真ん中がタクシー、そして右がフォークリフト。
はぁ?と思い調べてみたところ、日本でも荷物を持ち上げていないフォークリフトなら公道を走っても問題ないんですね。




レンタル自転車でしょう。
システムはわかりません。
全車両レンタル中のところもありましたが、実際にこの自転車が走っているところは見ていません。




関連記事

category: 台湾・台北'16

tb: --   cm: 2

コメント

台北のタクシーは、安いですし、安心して乗れますね。
観光地の客待ちタクシーは気をつけてますが、流しているタクシーなんかは何回も乗ってますが、問題ないです。

ホーチミンシティではビナサンタクシーを選んで乗るというのは、ホーチミンシティに行く人には常識みたいになってますね。
自分は他社のタクシーでボラれたというか精算時にチップを10000ドン請求されたことはあります。まぁ、50円の世界ですが。

Yuki #/.bpAT1M | URL
2016/07/07 22:16 | edit

■Yukiさん。

次回の台北旅行があるならば、是非タクシーに乗ってみたいです。

ホーチミンでは『マイリン38.38.38.38』と『ビナサン38.27.27.27』の2社はよく見ました。
どちらにも乗りましたが、安心して乗れました。
田舎から出てきて間が無いんだろうという感じで、土地勘の無いベトナム語しか話せない運転手には焦りましたよ。
とにかく料金が安いのがいいですね。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2016/07/07 22:54 | edit

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ