今週の動向(16年27週)瞑想  

先週から今週にかけて、名馬が死んだというニュースが相次いでいますね。

 06月30日(木) マーベラスサンデー(24歳)、老衰のため死亡
 07月01日(金) ファレノプシス(21歳)、くも膜下出血のため死亡
 07月01日(金) メイセイオペラ(22歳)、韓国にて心不全のため死亡
 07月02日(土) キンググローリアス(30歳)、老衰のため死亡


ファレノプシスはナリタブライアンの近親ということでデビュー前から注目していました。
競走馬の血統表を見ると、3代前母を知ってるということが当たり前のようになってきましたから、馬はそういう年齢になり私も競馬を始めて20年以上が経っているということですわ。
馬の年齢が年齢なので仕方のないことなんですが、寂しいですね。


レックススタッド 2001年秋 メイセイオペラ


昨日の正午から今日の正午までに受付が行われた第2回目のキャンセル馬再募集ですが、応募しませんでした。
応募してもどうせ当らないし、ガッカリするだけですからね。

古馬から順に、今週動きがあった馬を中心に書いてみます。


■ホーカーテンペスト (7歳 平地オープン/障害未勝利)
NF天栄在厩
6/24にNF天栄に放牧されています。
前走後、馬体の状態面、精神面に関して心配なコメントがありましたが、次走は最短で新潟競馬になるようです。
障害か平地かというコメントはありませんでしたが、障害でしょうね。
まァ、障害云々よりも夏は走らない馬です。


■ネオリアリズム (5歳 オープン)
堀厩舎在厩
7/17 (日) 函館11R 函館記念 (GⅢ ハンデ) 芝2000mをティータン騎手で予定。
7/5に美浦で時計を出し函館競馬場へ向けて出発し、7/6に到着しています。
馬体重が移動前後で16㎏減ったとのこと。
美浦とNFしがらき間の移動で輸送慣れをしているはずの馬なんですけどねぇ。

騎手は7/16から3週間の短期免許で来日するモーリシャス出身のカリス・ティータン騎手(26歳)を予定しているとか。
今回はルメール騎手が日本不在ですから小倉大賞典に乗った岩田騎手で行くと思っていましたが、外人騎手でした。
堀先生、そんなに日本人はダメですか(爆)。

ちなみに、ティータン騎手は今年の香港競馬でリーディング3位争いをしているそうです。

デイリースポーツ】2016.6.28 ティータン初来日 来月16日から騎乗


■ブレイクエース (4歳 500万下)
ムラセF在厩
毎週毎週、戸田師の苦しいコメント続きますね。
相変わらず体調面を気にするコメントですが、夏の暑さがネックならば9月の中山はまだ暑いですよね。
復帰緒戦は10月の東京競馬になりそうな予感がします。


■プルガステル (4歳 500万下)
NF天栄在厩
調整内容がウォーキングマシンからトレッドミルに移行しました。
少しずつですが、前進しています。


■サーブルオール (3歳 1000万下)
NF天栄在厩
6日に函館競馬場からNF天栄へ移動しました。
前走後はNF空港に放牧なり、状況次第で札幌競馬を使う可能性があるのかと思っていましたが、アッサリと内地へ戻されました。
馬を北海道に置くのと天栄に置くのとではどちらが良いのか?
美浦の調教師が北海道へ管理馬を見に行く場合、成田空港からLCCを使えばNF天栄に車を運転して行くのと時間的には大差ないでしょうね。
毎週のクラブ更新情報を見てもわかるとおり、毎週NF天栄のスタッフが美浦トレセンに出向いて厩舎と打合せをしているそうなので、管理面の心配はないと思います。
まァ、自分で見ないと気が済まない調教師はどちらにも出掛かるんでしょう。

さてサーブルオールの鼻出血の状況ですが、レース直後は出ていなく馬房に戻ってから両鼻腔から滲み出ていたそうです。
大量ではなかったそうですが、心配なことにはかわりません。


■アジュールローズ (3歳 オープン)
NF空港在厩
6日にNF空港へ移動しました。
アジュールローズのような歩様に出ていない骨折で競馬まで行った馬もいるそうですが、ここで無理せずこの夏は北海道で治癒と成長を促すことになりました。
ダービーまでの競馬はソエが納まっておらず、ある意味だましだましの状態で競馬でしたし、これで良いと思います。
また、近々の馬体重は536㎏とのこと。
胃潰瘍が心配な馬ですから、馬体重が増えてくれたことは良いことですね。
どの段階で競馬に向けて馬を動かし始めるかはわかりませんが、年内復帰もあるかもしれませんね。


■シュネルギア (3歳 未勝利)
平田厩舎在厩
8日に栗東トレセンへ帰厩しました。
この馬なりに体もふっくらとしているそうですが、440kg台で競馬ができるほどは増えていないんじゃないかなぁ。


■エピカリス (2歳 新馬)
NF天栄在厩
先週今週と2週続けてデビュー時期に関するコメントありました。
秋口ということですから、10月の東京競馬でデビューと思っておいて良いでしょうね。

関連記事

category: 今週の動向

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ