出走確定(16.07.20)シュネルギア  

今日、7月19日にHBAセレクションセールが行わ、今年はキャロットクラブの購入はありませんでした。

馬市.com】HBAセレクションセール 結果一覧

キャロットクラブの購入はありませんでしたが、ノーザンFが3頭購入していますのでキャロットかシルクの募集馬になる可能性はあるでしょうね。
また、ノーザンFが上場して主取になった馬もいますので、それも募集馬になる可能性はあるでしょう。

エピかエリスの半弟(スターペスミツコ15 父:エンパイアメーカー)が上場され1,750万円(税別)で売却されましたね。
曳き馬動画があったので貼っておきます。



弟は兄と違って幅がありますね。


では、シュネルギアのレースです。

明日の午後は競馬が気になって仕事にならないでしょう。

■シュネルギア
7/20 (水) 園田9R 三室山特別 (JRA交流競走 3歳未勝利) ダ1400m 12頭 川原騎手 54㎏


6月4日の阪神競馬、芝1400mで9着になって以来約1ヶ月半ぶりの競馬、今回が5戦目になります。
前走後、平田師からダートを試してみるような話がありましたが、地方の交流戦を使うとは思ってもいなかったです。
騎手はこれまでの流れから秋山騎手が乗りに行くだろうと思っていたところ、今年これまでの園田競馬リーディング2位(116勝、勝率19.8%)の川原騎手になりました。

出走メンバー12頭ですが、半分の6頭はJRA所属馬という構成になりました。
兵庫県競馬の馬ではアサクサセーラが格組でトップ。
JRA勢ではフラワーファーストが連対実績があり、前で競馬ができる馬。
川田騎手が乗りに行くのでやはり最有力でしょう。


シュネルギアはこれまで坂路で時計が出なかった馬ですが、ほぼ馬なりで52.0秒というタイムで走れるようになりました。
平田師は『馬房での様子も落ち着いていますし、心身ともに状態は良さそうです』とコメントしています。
しかし、小回りのダート1400mの競走ですからゲートの出が良く先行できなければ砂を被って終わりです。
シュネルギアのこれまでの全レースを見直してみましたが、ゲートの出はいま一つ。
距離に関係なく後方からの競馬。
勝ち負けまで行くとは、とても思えません。

交流戦は5着以内に入ってもJRAの出走優先権は発生しません。
シュネルギアのように馬体の細化が心配な馬にとっては、勝たなければ無駄な1戦になってしまいます。
ここで勝てなかった場合、残されたチャンスは8月に小倉で2回使えるかどうかという状況になってしまうでしょう。


明日は職場のトイレに篭って応援します。
地方でも同着でも1勝は1勝です。
期待しています!


2014年 募集馬見学ツアー

関連記事

category: 出走確定

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ