台北旅行 '16 その9 天気とおみやげ  

台湾・台北旅行のentryは今回が最後です。

■天気
出発前にYahoo!の週間天気をキャプチャしておきました。



覚悟はしていましたが、見事な雨予報でした。
実際は、
 6/16 AM 成田、雨 / PM 台北、晴
 6/17 AM 快晴 / PM 豪雨(深夜まで)
 6/18 AM 快晴 / PM 豪雨(夜にはあがる)
 6/19 AM 台北、快晴 / PM 成田、小雨

でした。

台北の朝は湿気が少なく気持ちいい朝でした。



日中は30度ぐらいの温度だったと思いますが、想像していたよりも蒸し暑くはなかったですね。

ホーチミンに行った時は幸いスコールの直撃は免れましたが、今回もそう上手くは行かないだろうと思い足元はサンダルで行きました。
で、今回の旅行用にKEENのNEWPORT H2を買いました。



つま先の部分がラバーで包まれる形状になっているので踏まれてもガードできますし、不意に水溜りに嵌まってもすぐに指が濡れるということはありません。
最近のクツは、自分の足のサイズを買っても足にフィットしないことがありますよね。
フィットしないのは足の幅であったり甲の高さであったり、試し履きをしないでネットショップで買うのは勇気がいります。
ということで某所で試してから買いました。
ざっとの私の感想ですが、NEWPORT H2のサイズ感はJASPERと同じかな。


■北投温泉
私は北投温泉に行きませんでしたが、旅仲間が日帰り入浴に行きました。
北投温泉(ベイトウ ウェンチュエン)の泉質は、日本の秋田県にある玉川温泉と同じ天然のラジウム泉
北投温泉は台北の北西に位置し、電車(MRT)で台北駅から30分程度で行けます。
運賃は確かNT$35(約115円)と聞いたと思います。
(NT$1=3.29円で計算)

行った施設は、石川県の和倉温泉にある日本一の接客で有名な加賀屋が北投温泉につくった『北投加賀屋』(日勝生加賀屋國際溫泉飯店)です。
料金は日本円で4,000円以上(土日料金)したようなことを言っていましたねぇ。
日本庭園の中に露天風呂があったそうで、良かったそうですよ。
元々台湾には温泉を楽しむという文化はなかったそうですが、旧五千円紙幣の肖像画だった新渡戸稲造氏により台湾にも温泉が定着したそうです。


■おみやげ
自宅用のおみやげはホテルの地下にあった頂好Wellcomeという24時間営業のスーパーマーケットで買いました。
雨の心配なく何時でも行けたのでとても助かりました。
買ったのは台湾名物のパイナップルケーキとヌガーです。
写真を撮る前に箱を捨ててしまったので中身だけです。
パイナップルケーキは8個入りでNT$100(約330円)、ヌガーは20本もなかったと思いますがNT$70(約210円)です。



パイナップルケーキは10個入りでNT$700のものと比べたらそりゃ味は落ちますが、どちらを買っても最後は私が処理することになるので安いので十分です(爆)。
ヌガー、どんなものかというと、早い話スニッカーズの中身ですわ。
これも高いもののほうが美味しかったです。

私が買ったものはナッツを牛乳のキャラメルで固めただけのシンプルなもの。
私、病院で検査をしていませんがたぶん乳糖不耐症なんですよ。
子どもの頃は問題なかった牛乳が、大人になってからはダメなんです。
すぐにお腹が下ってしまうのでアイスクリームも極力食べないようにしています。
このヌガーもダメでした。
まさかお菓子にも反応するとは思いませんでしたよ。
日本と台湾ではお菓子の製法が違うでしょうから余計に反応したのかもしれませんが、即効性抜群でした(爆)。


このお菓子は『牛舌餅』というもので、台湾桃園国際空港で再両替に余った台湾ドルで買いました。



NT$190(約625円)、内容量と味から比較すると、日本で買うおみやげ用のお菓子の値段と同じぐらいですねぇ。
”牛の舌の形のビスケット(黒砂糖味)”と日本語の説明がありますが、味は”鹿せんべい”みないな感じでした。


レトルト食品の『あわびのしょうゆ煮』と『フカヒレのしょうゆ煮』を買ってみました。
まァ、日本人向けのおみやげ用でしょうね。
どちらもNT$465(約1,530円)でした。



あわびはとこぶし?、フカヒレはコバンザメ?と思うサイズでしたが、いちおう”姿”はありました。
味は良かったですよ。


自分用のお土産として今回も馬に関係する置物があったら買おうと思っていましたが、特にコレというものがありませんでした。
その代わりではないですが、好記担仔麺/阿美飯店の従業員が着ていたTシャツのデザインが良かったので旅仲間が売ってくれと言ってみたところ、Tシャツは品切れでなのでポロシャツならO.Kと言われたので、私も便乗して買いました。



写真を載せたいところですが、止めておきます。
1枚、NT$500(約1,650円)でした。
生地の質や現地の相場からすると高いですが、無理を言ってのことですから文句は言えませんね。


■士林夜市
台北で一番大きな夜市です。



いろんな種類の射的やゲームがあり、金魚すくいをしているのかと思ったらエビを釣っている。
これが毎晩です。

露店でTシャツを売っていました。
1枚でNT$150、3枚買うならNT$400(約1,320円)にするということでした。
写真は撮りませんでした。
デザインやアイデアはおもしろいものでしたが、著作権や版権的にマズいものばかりで日本ではちょっと着れない。
どんなものかというと、日本のアニメの主人公がダーティでブラックユーモアで描かれており、訴えられも文句言えない代物です。
買おうかとも思いましたが、結局着ないでしょうから止めました。

夜市で売っている衣類、例えばラコステのポロシャツは何回か洗濯しているうちにワニが洗濯機の中を勝手に泳ぎ始めるというもの。
Tシャツは縮む、ソックスは伸びる。
どのサイズを買えばいいのか、わからないそうです。

露店でフルーツ、焼き物、揚げ物を売っていましたが、晩飯を食べてから行ったので、かき氷を食べるだけ精一杯でした。
思慕昔(スムージー)で食べたかき氷。
確かNT$200ぐらいだったので約660円です。
フワフワのかき氷で美味しかったですよ。





最後までご覧いただきありがとうございます。
私の旅行記はテレ東『モヤモヤさまぁ~ず2』に出てくるようなところばかりですが、次回はTBS『7つの海を楽しもう! 世界さまぁ~リゾート』で紹介されるリゾート地になればと思います。

関連記事

category: 台湾・台北'16

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ