ネオリアリズム、兄と同じ長鞭  

リアルインパクトとネオリアリズムの1歳時の育成でのお話です。

初期馴致が終わり、育成が進んでくると周回コースでの乗り運動が始まりすよね。
早い馬だと12月にはそれが始まります。
今年のツアーで馬を見た感想で、今年は例年に比べペースを遅くしているように感じると書きました。
12月の動画でどれだけの馬が周回コースでの乗り運動を行っているかわかりませんが、始まる前にこれを書いておきます。

1歳12月中旬のリアルインパクトの周回コースでの乗り運動の際、乗り役が長鞭を持っていたんです。
ある人にリアルインパクトをどう思うか聞かれた時に、「育成から長鞭を使わないといけない馬は止めておけ」と言ってしまったんですよ。

■リアルインパクト 1歳12月中旬(2009/12/17)


■ネオリアリズム 1歳12月中旬(2012/12/21)


※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

長鞭を良い意味ではなく、悪い意味に捉えてしまったんです。
基本的に乗馬の馬場馬術は長鞭、障害飛越は短鞭です。
初心者やまだ馬場・障害の区別をする前の段階では、馬も長鞭もコントロールできないので長鞭は危険なので持ちません。
ですが、初心者でも重い馬(ズブい馬)は長鞭を持って乗らないと動かないんですよ。
持っているだけで動きが違ってきます。

一応書いておきますが、
 重い馬 = 動きが重い馬 ○
 重い馬 = 体重が重い馬 ×

です、そこまで書かないでも大丈夫ですか(爆)。

だから自然と『長鞭=ズブい馬』というイメージを持ってしまっているんです。
募集馬DVDのリアルインパクトの引き馬を見れば長鞭が必要な馬かどうかなんてわかるんですが、その時は判断できなかったんです。
ま、言い訳を言うと自分の出資判断じゃないんで、そこまで見なかったんですけど。

長鞭を良い意味で取るとどうかというと、長鞭は長い鞭なので馬は余計に恐れ、乗り役が長鞭を持つことを嫌がります。
育成の初期の段階で長鞭が問題無い馬ということは、怖がりの馬ではないということです。

そして、なぜ長鞭を用いるかというと、

 乗り役とコンタクトを取るために銜受けを覚えさせる
  
 銜受けをさせるために馬に顎を引かせる
  
 顎を引かせるためにシャドウロールで下側の視界を遮る
  
 下を見ようと顎を引く
  
 口の周りにが気になって動きが小さくなってしまう(馬の前に壁ができてしまう)
  
 トモの動かすようにするために長鞭でチョンチョンとトモを刺激してやる


ちなみに長鞭は短鞭のように直接馬体を叩くのではなく、乗り役が手綱と長鞭を一緒に持ったまま手首のスナップで自分の太腿を鞭の中程で叩き、それによって鞭の先がしなって馬体(トモ)に当るという仕組みです。
刺激する程度に当てるだけで、短鞭のようにバシバシ入れることはないです。

ネオリアリズムの場合、出資確定後に長鞭の動画を見たので選定には影響なかったのですが、出資前に見たとしたらもちろん良いほうに取りました。
G1馬の兄と同じというのは心強いですね。


さてそのネオリアリズムですが、月曜に堀調教師がしがらきで直接馬を確認したとのことです。
具体的な日程はまだ決まっていないとのことですが、早くて今月末の帰厩になるんじゃないですかね?
※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。
関連記事

category: ▲馬具のはなし

tb: 0   cm: 2

コメント

むち

鞭まで見てるんですね。気にしたことも無かった(笑)
リアルの時はとにかくピンクの馬具がいつも目立ってて、目立ちたがりの人が担当してるんかな、とか思ってました(笑)

ネオリアリズムは近いうちに動きありそうですね。今の時期に戻すとしたら中山デビューですね。楽しみですが、どういう条件を選ぶかも注目です。

へてきち #- | URL
2013/11/21 08:27 | edit

re

■へてきちさん。
鞭まで気にするのは私の楽しみ方の一つで、走るかどうかは別ですね(笑)。
牧場見学の際、ネタになりますしね。
ま、行きませんけどね(爆)。

で、デビュー戦。
番組表を見てないのでわからないのですが、この時期ですからダートでしょうか?
12月の開催は23日までの3節しかありませんし、堀師は「戻してもいいかなぁ」的なニュアンスなんで戻してもすぐ使えないでしょうね。
年明けですかね?

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2013/11/21 19:01 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hamadayalabo.blog.fc2.com/tb.php/92-67722622
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ