2016年度 出資馬(1)リッチダンサーの15  

16日に2016年度の出資馬が確定しました。

今年のキャロットクラブ第1次募集では4頭に出資申込し、リーチコンセンサスの15以外の3頭が申込状況中間発表(総申込口数200口以上)に名前が出ました。

残念ながら抽選になった3頭のうち、当選したのはこの馬 リッチダンサーの15 だけでした。


 【最優先枠】
  09. リッチダンサーの15  
 【母馬出資者優先枠】
  45. リーチコンセンサスの15  
 【一 般 枠】
  08. バロネスサッチャーの15  ×
  27. ヴィアンローズの15  ×




では、1頭目の出資確定馬の紹介です。
この馬は、『最優先枠』での申し込みです。

藤澤和雄厩舎の馬に出資するのは、母の日本での初仔となった持込の半兄ホーカーテンペストに続いて2頭目になります。
満を持しての出資申込です。


■NO.09 リッチダンサーの15
 募集総額:6,000万円
 牡馬 美浦 藤澤和雄厩舎
 父:ハーツクライ / 母:リッチダンサー (BMS:Halling)
 Northern Dancer 4D×5S

 生産 ノーザンファーム(安平)
 母出産時15歳 11番仔 4/8生

 体高 153.0cm / 胸囲 172.0cm / 管囲 20.0cm / 馬体重 445kg
 育成:NF空港 B-2 樋口厩舎


【カタログ写真】

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。


【募集馬見学ツアー】





ハーツクライ産駒ですから、脚元のことをどうこう言っても仕方ない。
ハーツクライの歩様はコチラ↓
Stallion in Japan ハーツクライ

心配な気性ですが、募集馬見学ツアーで見た限りでは大丈夫そうでした。
まァ、昼夜放牧で眠い時間帯だったのかもしれませんがね。
とはいえ、ホーカーテンペストの時はツアーに行っていませんし、メリーモナークもムーンクエイクも出資する気持ちがなかったので見ていませんから比較はできません。
この馬、NF早来の中島場長のお薦め馬だったんですよ。
ちなみにもう1頭のお勧めはアヴェンチュラ。

兄ホーカーテンペストの前肢がカタログで前方破折(クラブフット)に見えていたので、一応確認。




【ハーツクライ】

2014年募集馬見学ツアー 社台SS

昨年の募集馬見学ツアー(日帰り)から社台SSの募集馬の父馬展示がなくなったので一昨年撮影した写真です。
ハーツクライは2007年から供用開始で2015年産駒は8年目の産駒になります。

これまでのリッチダンサーの仔が去勢されたことについてツアーで聞いてみたところ、牧場にいる時は悪いということはなかったそうです。
ですが競馬に行ってどうなるかはわかりませんし、ハーツクライ産駒ですから少々なことは気にしても仕方がありませんわ。



リッチダンサーの仔は英国に残して来た仔を含め、牡馬は6頭います。
玉を取られなかったのは1頭だけです。

 09年産 ホーカーテンペスト(Hawk Wing) 育成:NF早来 林厩舎 6歳7月去勢
 12年産 メリーモナーク(キングカメハメハ) 育成:NF早来 林厩舎 3歳12月去勢
 13年産 ムーンクエイク(アドマイヤムーン) 育成:NF空港 B-2 樋口厩舎 3歳6月去勢


まァ、最初から去勢覚悟の出資ですからね。
その時期を間違えなければそれでいいと思っています。

下の画像は、2歳のデビュー前の併せ馬で古馬に噛み付きに行くホーカーテンペストです。


2011.06.29 JRAレーシングビュアーの映像をキャプチャー

ハーツクライ産駒は晩成傾向という問題もあります。
ホーカーテンペストは2歳で勝ち上りましたが、メリーモナークとムーンクエイクは2歳で勝ち上がっていないですからねぇ。
この馬にはクラシックを目指して欲しいので心配です。
ハーツクライ産駒のほとんどの重賞勝ち馬はNothern Dancerのクロスがあり、本馬も4D×5Sです。
これはプラス材料です。

左目は三白眼ですが、昨年出資した三白眼が良い馬だったので気にしません(汗)。




【預託予定厩舎】
ホーカーテンペストに出資するまでは藤澤和雄厩舎に対して”数を使ってくれない、放置プレーの連続”というイメージでいましたが、『この馬は違う』と思って出資し、去勢されるまではその通りにたくさんのレースを使ってもらいました。
芝2000mの未勝利戦で勝ち上がった時、藤澤和師は『新馬戦で短い距離を選んだのが恥ずかしいな(苦笑)』とコメントしていましたね。
母の産駒を管理するのはこの馬が5頭目になりますから、適距離の判断はもう大丈夫でしょう。

結局、ホーカーテンペストはノリさんの言った”ついに来たな”は何が来たのかわからないままでしたが、弟も何かが来てくれると期待したいです(笑)。
実は、結局見送りましたがバウンスシャッセに第1次募集で申し込もうと思っていました。
それにキャンセル分再募集では電話が繋がればバウンスシャッセかピオネロと思っていまいたが、ダメだったんですよ。


【育成厩舎】
NF空港のB-2 樋口厩舎(横山主任)です。
既に9/6にイヤリングから移動済みです。
現3歳世代は19頭しか育成していませんが、そのうち2頭を日本ダービーに出走させマカヒキで優勝。
私の出資馬ではサーブルオールもここ。
他のキャロットではリアファル、ジークカイザーという育成厩舎です。
Bの厩舎はB-3 細田厩舎を含め私と相性が良く、ドストライクなところに入りました。
育成厩舎で出資馬を決めるというところまで重点を置くことはないですが、出資する上で大きなプラスポイントでした。

関連記事

category: ●出資馬2015年産

tb: --   cm: 2

コメント

2000m以上の距離のレースで、というイメージですね。牝馬の姉2頭はオークスに間に合ってます。この馬でついに来たってことになって貰いたい(笑)

へてきち #- | URL
2016/09/19 21:27 | edit

■へてきちさん。

とにかく気性がどうなるかですね。
デビュー前に取られてしまえば、間に合ってもダービーには出られませんし。

何が来るのか、お楽しみに(笑)。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2016/09/19 21:46 | edit

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ