2016年度 幻の出資馬(1)バロネスサッチャーの15  

今年のキャロットクラブ第1次募集では4頭に出資申込をしました。
その結果。。。


 【最優先枠】
  09. リッチダンサーの15  
 【母馬出資者優先枠】
  45. リーチコンセンサスの15  
 【一 般 枠】
  08. バロネスサッチャーの15  ×
  27. ヴィアンローズの15  ×



古賀慎厩舎の馬は、昨年のパルフェクォーツ(ピューリティーの14)から3連敗。
来年の募集馬は、古賀慎厩舎と分かった時点で検討除外にしてやります(爆)。

entry921 キャロットクラブ 第1次募集最終結果『こんなことならジンジャーパンチの15にしとけばよかった。。。と、ならなければいいですが』と書いたとおりになりました。
作戦失敗。


では、1頭目の幻の出資馬の紹介です。
以下は抽選結果が出る前に書いたものですが、せっかく作ったのでそのままentryします。


今年の募集馬予定リストを見て一番欲しいと思ったのは、この馬でした。
募集総額がわかり、カタログ写真を見ると形の良い飛節をしているのでこれは楽しみだと思っていました。


■NO.08 バロネスサッチャーの15
 募集総額:4,000万円
 牡馬 美浦 古賀慎明厩舎
 父:ハーツクライ / 母:バロネスサッチャー(BMS:Johannesburg)
 Mr. Prospector 4D×5D

 生産 ノーザンファーム(安平)
 母出産時11歳 5番仔 1/22生

 体高 150.0cm / 胸囲 176.0cm / 管囲 20.5cm / 馬体重 429kg
 育成:NF空港 C-1 高見厩舎


【カタログ写真】

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

血統評論家の栗山求氏がハーツクライは”アメリカンなスピード血統が合う”と書かれているのを目にしました。
本馬のBMSはアメリカンなスピード血統のStorm Cat系、Johannesburgです。
また、ハーツクライ産駒のほとんどの重賞勝ち馬はNothern Dancerのクロスがあり、本馬は5S×6Dですがあります。


【募集馬見学ツアー】





バロネスサッチャーの15、募集馬見学ツアーでは二人曳きでした。
左側をおネエちゃん、右側をオッチャンでしらから、馬がバタバタしたのでオッチャンがフォローに入ったのでしょう。
私が行ったのは初日の木曜日でしたし、初めてのことなので馬がバタバタするのは仕方ないと思います。
1歳馬ですからね、あれぐらい当たり前。




昨年のエピカリスのような、放馬しそうな危機感はなかったです(汗)。


2015年 募集馬見学ツアー

それにハーツクライ産駒ですから、気性面は少々なことで気にしても仕方がありませんわ。




【ハーツクライ】

2014年募集馬見学ツアー 社台SS

昨年の募集馬見学ツアー(日帰り)から社台SSの募集馬の父馬展示がなくなったので一昨年撮影した写真です。
ハーツクライは2007年から供用開始で2015年産駒は8年目の産駒になります。

バロネスサッチャーの15の動画での歩様は、前肢を見るとハーツクライ産駒だと思ってしまう開き気味。
まァ、今年は、ハーツクライ産駒はカニョット15のように前がガバガバな馬でも出資しようと思っていましたし、ハーツクライ産駒はわざと脚の曲がった馬を選ぶと馬仲間と冗談を言っていましたからこれぐらい気にしません(笑)。
ハーツクライの歩様はコチラ↓
Stallion in Japan ハーツクライ


【預託予定厩舎】
日本ダービーにアジュールローズを出走させてくれた美浦の古賀慎明厩舎です。
そのご褒美で良い馬が入ったんだろうと勝手に解釈していたところ、測尺を見てビックリ!
まさか1月生まれで体高が150cmとは。
正に早生まれの小さい馬は良く見えるという典型なパターンです。

慌ててキャロットクラブで募集された1月生まれの馬を2008年産駒まで遡り、体高150cm前後の馬を確認してみました。
う~ん、2勝目があるかどうか怪しいというのが調べた結果です。
カタログ解説に『太く逞しい頸部や前後躯に圧倒的な筋肉量を誇る馬体は、強烈なインパクトを放っています』とあります。
人間も同じなんですが、幼いうちに筋肉が付いてしまと大きくならないんですよねぇ。

しかし、募集馬見学ツアーで見た実馬は特に小さいとは感じなかったんですよねぇ。
これからどれだけ成長してくれるかに掛かっていますね。
キャロットクラブで募集された1月生まれで体高が150cmの馬。
何年前の募集馬で遡れば走った馬が見つかるでしょうか?

母バロネスサッチャーの初仔でキャロットで地方募集になったナイトバロンは、4月生まれで募集時は本馬と同じ体高の150cmでした。
それでも馬体重は500kgオーバーの馬になりました。
半姉ヒルダの体高はわかりませんが、現在の馬体重は460㎏あるですよねぇ。
余談ですが、ヒルダという名前はマーガレット・サッチャー女史のミドルネームです。

募集馬見学ツアーで体高150cmについて、いろんな方に話を聞いてみました。
その中で一番に納得できた話を書いてみます。
なぜバロネスサッチャーの産駒は体高が低いのか?
母バロネスサッチャー自身が小さい馬だからということでした。

母の現役当時のレース映像です。
サンタモニカS(GⅠ)、ゼッケン番号は7、5着です。


ちなみに、ポニーとは体高が147cm以下の馬の総称で、品種・血統に関係なくサラブレッドでもアラブでもブルトン、クライスデールでもポニーになってしまいます。


【育成厩舎】
NF空港のC-1 高見厩舎(藤田主任)です。
これまでお世話になった出資馬というと、タイトルホルダー、ネオリアリズム、ジェットブラック、ブレイクエースの4頭です。
相性が良いんだか悪いんだか、微妙な感じ(汗)。
それに毎年C-1厩舎にどの馬が入るのかチェックしていますが良い馬ばかりというわけでもなく、これも難がありそうな微妙な馬が入るんですよねぇ。
ではありますが、C-1厩舎というとやはりオルフェーヴルですからね、期待したいです。


最後に余談になりますが、今年の第1次募集で最後まで悩んだのはバロネスサッチャー15でした。
やはり体高が気になってね。
今でもその選択で良かったのか、納得できていません。
どの馬と悩んだかというと、ジンジャーパンチ15です。

バロネスサッチャー15とヴィアンローズ15の2頭で合計6,000万円、ジンジャーパンチ15が7,000万円。
お役所の予算と違って使い切らなければならないってことはないんですが、ヴィアンローズ15は落選の可能性がある。
2頭を止めてジンジャーパンチ15を1頭だけにしようか!?
合計の差額は25,000円ですが、同じような賞金だったとして維持費を考えたらジンジャーパンチ15の1頭だけのほうが経費としては安く済む。
もうね、決め手がないので考えるのはそんなことばかり(爆)。
某雑誌に書いてありましたが、ノーザンF生産の5月生まれの馬は3歳のGⅠを勝ったことがないそうですね。
それも気にはなりましたが、競馬のジンクスなんてすぐに吹き飛んでしますから。
ちなみに、ジンジャーパンチ15の育成は、この馬と同じC-1 高見厩舎です。


ジンジャーパンチ15

関連記事

category: 2016年度募集馬&見学ツアー

tb: --   cm: 8

コメント

ということで、ジンジャーパンチ出資となりました。
これも何かの縁。
活躍を期待したいです。

心の中で応援していただけると幸いです(笑)

まこと #GCA3nAmE | URL
2016/09/23 21:04 | edit

今年は3頭

1次
13.マルティンスタークの15          1口   一括   ×    
14.クルソラの15               1口   一括   ×    
23.イストワールの15             1口   一括   ○    
41.ヒルダズパッションの15          1口   一括   ×    
67.ウ゛ェラブランカの15           1口   一括   ○    
75.ティフィンの15              1口   一括   ×    
1.5次
16.アドマイヤフッキーの15          1口   一括   ×    
58.アソルータの15              1口   一括   ○    

以上3頭が今年の出資馬になりました。
16が落ちたのが痛いです。ネオに近い血統でした。

パレス #- | URL
2016/09/23 21:04 | edit

ご一緒できず本当に残念です…。

それにしても、ポニーという馬の種類ではなく、背丈でポニーなんですね…。
はじめて知りました…。

バロネスサッチャーの15ギリギリですね(苦笑)

ゆうき #- | URL
2016/09/23 21:27 | edit

■まことさん。

ジンジャーパンチ、出資確定おめでとうございます。
2次まで残らないと思っていましたが、やはりダメでした(笑)。

私とまことさんの思いが一致した馬は走りますからね、安心してください!!

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2016/09/23 22:05 | edit

■パレスさん。

今年も全頭メス馬ですかっ!
マニアですね(汗)。

予算がだいぶ余ったでしょうから、12月の第2日曜日は一緒に香港に行きませんか?
まァ、馬次第ですけど。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2016/09/23 22:06 | edit

■ゆうきさん。

なにっ!
そんなことも知らんのかっ!

背丈じゃなくて体高ね。
人間の背が低いのは足が短い、馬の体高が低いのは腕が短いということで(笑)。

過去には募集時にポニーサイズだった馬でも、ちゃんと勝ち上がっているから150cmなら余裕。
とはなりませんね(苦笑)。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2016/09/23 22:11 | edit

なんとも

ナイスツッコミ!
なぜか牡馬に縁遠いですね?
しかも安いのばっかり…
決してケチってる訳じゃないんだけどね?
来年はバツイチついたので何とか頑張りまーす!

ps:香港?考えてもないよ!祝勝会あるのかな?

パレス #b.AoEQkM | URL
2016/09/24 09:22 | edit

ケチな人はヒルダズパッションに申込みませんよ(笑)。
ネオリアリズム、アジュールローズは走りましたがプーカもシュネルギアもダメでした。
来年は牡馬でご一緒しましょう!

祝勝会はGⅠですからあるでしょうね。
香港の場合、マイルCSとセット企画になるでしょうから、マイルCSだけの場合でも年明けの開催でしょう。
楽しみにしています(笑)。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2016/09/24 10:52 | edit

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ