キャロットクラブ 第1次募集あきらめ~馬(5)  

entry920 キャロットクラブ 第1次募集あきらめ~馬(1)
entry922 キャロットクラブ 第1次募集あきらめ~馬(2)
entry925 キャロットクラブ 第1次募集あきらめ~馬(3)
entry929 キャロットクラブ 第1次募集あきらめ~馬(4)
entry935 キャロットクラブ 第1次募集あきらめ~馬(5)


entryタイトルの『あきらめ~馬』はCXで土曜日の昼から放送されている『有吉くんの正直さんぽ』の「あきらめ~店」からのパクリなのですが、よくよく考えてみたら皆さん土曜日の昼はグリーンchを観ているでしょうから、誰もネタ元を知らないでしょうね(爆)。

26日から第2次募集が始まり、早速6頭が満口になりました。
26日の募集開始前にサーバのメンテナンスをやって準備万端だったのですが、ネットでの受付開始からアクセスが集中して回線スピードの低下が発生したそうですね。
こうしている間もじゃんじゃんネットで申込はされており、27日の最初の更新で何頭が満口になっているか!?

ちなみに私はまだ手綱を持ったまま。
ガッチリと自分に銜を掛けて抑えています。
と言いたいところですが、実際には長手綱で悠々としています。
様子見している馬に残口が表示されても、追い出さずに脚を余したまま(予算を残したまま)終わるかもしれません。
もう若馬ではないですからね。
気性の成長がみられ、我慢が効きます(爆)。


今回が最後のentry、10頭です。

素人の意見ですから気にしないでください。
苦情は受け付けません。


なお、馬を前後から撮った写真は、撮れるタイミングで撮っていますので肢勢が悪いまま撮っています。
この写真で肢が曲がっている等の判断はしないでください。


■NO.4 クリソプレーズの15



上が重賞を勝っていますが、メス馬で7,000万円は高いと思いますが、まァ相場はこんなもんですかねぇ。


■NO.17 ペルレンケッテの15



祖母プンティラの仔は、脚が曲がった馬が多かったですね。
この馬はどうでしょうか?
ドイツ血統のクロスが3つ、こんなの見たことないですねぇ。


■NO.24 シェルズレイの15



カタログ写真では脚元が俗に言う”水っぽい”印象で、管に”川の字”が見えませんでした。
ツアーで見た実馬は問題なかったですよ。

国枝厩舎のノーザンF系クラブ馬は走りませんし、BMSクロフネも走らないと思っています。
まァ、後者についてはシェルズレイの仔は例外のようですが。
育成は空港のC-3 伊藤賢厩舎。


■NO.42 ココシュニックの15


この馬もBMSはクロフネ。
この母も例外のようですね。
最初から白い芦毛よりも、この馬ぐらい黒い芦毛が好みです。


■NO.43 アドマイヤキラメキの15



トモというか後躯が小さい馬ですね。
ツアーではヴィアンローズの15に次ぐ蚊の刺され方でした。


■NO.44 アヴェンチュラの15



NF早来の中島場長のお奨めは、この馬とリッチダンサーの15でした。


■NO.46 シーザリオの15



7,000万円の馬。
メス馬と相性の悪い私が手を出す馬じゃないですね。


■NO.47 ブルーメンブラットの15




ツアーでは毎年クラブの某スタッフに”お奨め馬”を聞いています。
なぜそのスタッフに聞くかというと、検討除外にするため(笑)。
立場上、売れそうにない馬を売らなきゃならないということがあるんでしょうね。
名前を挙げるのはそういう馬です。
ですから毎回『そうきたかっ!』とか『それは無理』などツッコミを入れながら聞いています。

先日の九十九里特別を勝ったレイズアスピリットもお奨め馬でした。
よく覚えていますよ、曳いていたスタッフがその年の一番可愛いおネエちゃんでしたから(笑)。
まァ、馬のことは覚えていませんが(爆)。

今年のお奨めはこの馬だったんですよねぇ。
もう一頭は確かラドラーダの15だったと思います。
これまでと違うパターンで来たなと思ったので『なんでこの馬?名前を出さなくても売れるでしょ?』と返しました。
今年の木曜日ツアーは第1次募集開始初日でした。
ツアー中にも申込状況を東京に確認していたのでしょうが、お奨めとして名前を挙げなければならないほどに出足が悪かったのでしょうか?


■NO.54 ドルチェリモーネの15



母の産駒はもっと走ってもおかしくないと思うんですがねぇ。
1月生まれで体高は150.5cmしかありませんが、まだトモが高いですし前後のバランスが整う頃には体高に伸びが出るんじゃないでしょうか?


■NO.75 ティフィンの15



ツアー初日の木曜日はバタバタして急遽二人曳きに。
石坂厩舎の牡馬はね、ヴァーティカルサンとアダムスブリッジが壊れましたから触手が伸びません。


最後までご覧いただきありがとうございました。
お手数ですが、拍手ボタンを押していただけると嬉しいです。
来年もよろしくお願いします。

関連記事

category: 2016年度募集馬&見学ツアー

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ