今週の動向(16年42週)満口になりました  

17日にJRAから来年の開催日割および重賞競走について発表がありました。

JRA NEWS】2016.10.17 2017年度開催日割および重賞競走について

既にスポーツ新聞等で話が出ていたとおり、来年から大阪杯ホープフルSがGⅠに昇格します。
(ホープフルSは見込み)
『大阪杯、天皇賞・春、宝塚記念』の3つを勝つとボーナスが出るそうですが、その話をする前に天皇賞・春の距離を短くすることが先だと思いますけどね。


続いて募集馬の話。
20日、じわじわと残口が減っていたアドマイヤドレスの15が遂に満口になりました。
この馬、20日朝の時点で残口は7口でした。
朝の通勤電車で『既に満口の可能性もあるが、申し込むなら今しかない』と思いましたが、やはり出資には至らず。

なぜ、出資に居たらなかったかというと”勘”というしかないです。
パーツ毎で見れば良いところはあるんでしょうが、馬体全体で見た時のシルエットがピンとこなかった。
9月末に更新された画像(ほぼ募集馬見学ツアーの時期に撮影)が私の好みではなかった。


これで第2次募集に残っている牡馬は3頭。
全頭に残口が表示。
メス馬7頭で残口が表示されているのはケイティーズジェムの15だけ。
昨年の初仔も小さかったけど2番仔も小さい。
この馬は橋田満厩舎。
橋田満厩舎のキャロット馬は走っていませんね。
厩舎は牧場が割り振ったのか、未定馬をクラブがあてがったのかはわかりませんが、結果を出さないとこういう馬しか入れてもらえないという印象です。
ちなみに、母のケイティーズジェム自身は、先日のジェイエス繁殖セールで売却されています。
これからBMSディープインパクトという繁殖が増えて行くでしょうから、売れるうちに売ってしまおうというのも仕方のないことですね。
他ではヴェルデライトネオイリュージョンも売却されています。

2016年ジェイエス繁殖馬セール 成績表

メス馬を出資する気はないので、これで2016年度のキャロット募集馬検討は終わりです。
まァ、キャンセルはあると思いますが、宝くじレベルの当選確率でしょうから申込みを楽しむだけになるでしょうね。


古馬から順に、今週動きがあった馬を中心に書いてみます。

■ホーカーテンペスト (7歳 平地オープン/障害オープン)
藤澤和厩舎在厩
【確定】10/22 (土) 新潟4R 3歳上障害オープン 芝3250m 五十嵐雄騎手 60㎏

後ほど『出走確定』をentryします。


■ベルプラージュ (5歳 1000万下)
尾形充厩舎在厩
【確定】10/23 (日) 東京12R 3歳上1000万下 芝1600m 吉田豊騎手 55㎏

後ほど『出走確定』をentryします。


■ネオリアリズム (5歳 オープン)
NF天栄在厩
11/20 (日) 京都11R マイルチャンピオンシップ (GⅠ) 芝1600mをR.ムーア騎手で予定

20日にNF天栄へ向けて移動しました。
週末には美浦トレセンに移動するでしょう。
まだ札幌記念前の状態と比べると更に良くしたいと感じる部分があるそうですが、移動ということになりました。
ちなみに、札幌記念の時はレースの16日前に函館競馬場に移動しました。
今回はマイルCSまでちょうど1ヶ月で美浦に移動です。
美浦から京都競馬場への輸送は慣れているNFしがらきへの輸送と大差ないですからね、厩舎で上手くやってくれると期待しています。


■サーブルオール (3歳 1000万下)
萩原厩舎在厩
11/6 (日) 東京8R 3歳上1000万下 芝1600mを予定

19日に美浦トレセンへ帰厩しました。
次走についてまだ具体的なレース名は上がりませんが、『早ければ次の東京開催を目標』とのこと。
9/1の募集馬見学ツアーで聞いた話が具体的になるまで約50日掛かりましたね。
まァ、上記のレースを使うのかどうかはまだわかりませんが(笑)。


■アジュールローズ (3歳 オープン)
NF空港在厩
この中間、定期レントゲン検査を実施し、経過良好を確認したとのこと。


■エピカリス (2歳 オープン)
萩原厩舎在厩
11/1 (火) 門別10R 第43回北海道2歳優駿 (JpnⅢ) ダ1800mを予定

先週土曜日のプラタナス賞(2歳500万下)を勝ちました。
慎重な先生ですからコメントは心配事のオンパレードですが、レース後は特に問題なく、北海道2歳優駿に向けて調整されています。
『長距離輸送とナイター競馬』について後日entryします。


※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。


■バリングラ (2歳 新馬)
NFしがらき在厩
移動に関してまだ具体的な話はないみたいですが、いつ美浦帰厩のゴーサインが出てもおかしくない状況です。
まァ、こういう時はすぐに移動しますね(笑)。
次の東京開催でムーア騎手でデビューになれば嬉しいです。
もちろんルメール騎手の連勝記録を延ばすのも大歓迎です!


■エルデュクラージュ (2歳 新馬)
池添学厩舎在厩
10/30 (日) 京都4R 2歳新馬 ダ1800mを松山騎手で予定


ポチッと押していただけると嬉しいです。
関連記事

category: 今週の動向

tb: --   cm: 4

コメント

こんばんは。
こちらも悩んだ末、アドマイヤドレスの15はスルーしました。ヴィルデローゼやアロマドゥルセのデビュー勝ちなど明るい材料が発生したら、財布の紐を緩めようかと思っていましたが、満口となりその必要もなくなりました。
割高のトーセンホマレボシ産駒に出資するにはもう一押しの何かが足りず。もし活躍してしまっても、仕方なしですね。

これで同じくキャロットの募集馬検討は終了。出資の可能性があるとすれば、成長次第で東サラのデルモニコキャットの15かなって感じです。相当良くならない限りは出資しないと思いますが(笑)

猪鹿蝶 #- | URL
2016/10/21 20:18 | edit

天皇賞は、距離短縮すべきなんですけどね。
今のままだとG1のレートを維持できなくなると思います。3200mのG2になるくらいなら、2400mでG1の格付けを守るべきと思うのですが。

キャロット出身の繁殖もだいぶセールに出てますね。
今のキャロットの現役馬を見ると、キャロット向けの繁殖に上がるためには準OPくらいの実績がないと難しくなるように思います。

Yuki #/.bpAT1M | URL
2016/10/21 20:58 | edit

■猪鹿蝶さん。

アドマイヤドレスの15は出資直前まで行ったのですが、写真を見るたびに”何か違う”となってしまい見送りました。
東サラですが、いちおう様子見はしていますが。。。
競走馬名の公募が開始されていますよね。
申込みフォームを見てしまうと気持ちが萎えます。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2016/10/22 01:06 | edit

■Yukiさん。

天皇賞・春も菊花賞も強い馬が勝つレースのはずなんですが、これを勝ってしまうと種馬失格となってしまいますからねぇ。
そのうち、天皇賞・春(JpnⅠ)になりますかね(爆)。

繁殖に残るためには、同じ血統の馬がたくさんいますから特別勝ちあり、準OPクラスじゃないと残れるかどうかわかりませんね。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2016/10/22 01:12 | edit

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ