障害競走の収得賞金と負担重量  

ホーカーテンペスト、先週土曜日の新潟競馬、3歳上障害オープンを勝ちました。

レース後は予定どおり新潟競馬場から直接NF天栄へ放牧に出されました。
競馬を使ったなりの疲れが全体的にあり、左後肢球節部前面にレースでつくった外傷があるとのこと。
続戦か休養か?
しばらく様子見でしょうね。

『年内もう1回どこかを使うのか、時間をかけて満を持してから次走へ向かうのか、状況を見ながら考えていければ』とのこと。
やはり中山を使うということは想定にないように思います。

今後の回復具合と負担重量、コース適性で以下の2つから選択されることになるでしょう。
もちろん年内に使わないという選択肢もありますね。
 11/19 (土) 東京08R 秋陽ジャンプS (OP) 芝3110m
 12/10 (土) 中京5R 3歳上障害オープン 3300m



※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。



ホーカーテンペストの出走を想定する上で『番組表』を見ていたら、オープン競走に別定(SA)別定(SB)という区分けがあるのを見つけました。
競馬をやって何年になるか。。。今更知りました。
昔から障害競走の馬券は勝っていましたが、さすがにそこまでは見ていませんでした。

この機会に、障害競走の『収得賞金』とオープン(一般戦)と(特別戦)の『負担重量』について調べてみました。


まずは、収得賞金についてです。
障害競走の収得賞金は、以下のとおりです。

【障害競走 収得賞金】
 未勝利 400万円
 オープン(一般) 600万円
 オープン(特別) 750万円
 重賞 該当する着順の本賞金額の半額(10万万円未満は切捨)


ホーカーテンペストの次走は未定ですが、次走で再度オープン(一般)を勝つと、収得賞金は1,600万円(400+600+600)。
オープン(特別)を勝つと、収得賞金は1,750万円(400+600+750)になります。


次に、負担重量についてです。
障害競走の負担重量は、基本が60kgで牝馬は2kg減、4歳馬は1kg減、3歳馬は2kg減となります。

ホーカーテンペストが次走でオープン(一般)を勝った場合』もしくは、オープン(特別)を勝った場合』に、その次に再度オープン(一般)を使つかうと、別定(SA)別定(SB)でそれぞれ何kg背負わされるのか調べてみました。

① オープン(一般)を勝った場合
 オープン一般 別定(SA)の場合負担重量は、64㎏ 60+4(1600-400 1200/300=4)
  (収得賞金400万円以上の馬は300万円毎に1㎏増)
 オープン一般 別定(SB)の場合負担重量は、62kg 60+2(1600/700=2 余200)
  (収得賞金700万円毎に1㎏増)


② オープン(特別)を勝った場合
 オープン一般 別定(SA)の場合負担重量は、64㎏ 60+4(1750-400 1350/300=4 余150)
  (収得賞金400万円以上の馬は300万円毎に1㎏増)
 オープン一般 別定(SB)の場合負担重量は、62kg 60+2(1750/700=2 余350)
  (収得賞金700万円毎に1㎏増)



結果としては同じでしたが、再度オープン競走を使うなら別定(SB)ということになり、オープン競走は一般戦でも特別戦でも合計3勝までが限界でしょうね。

裏開催の平坦ハードル障害のオープンを勝ちまくる。。。を期待したのですが、それは不可能ということがわかりました。
まァ、それができれば馬主・厩舎は万々歳ですが、そんな競馬は興業としておもしろくありませんからね。
できないようになっていました。


障害競走の負担重量は細かく設定されていますが、JRAのWEBサイトに詳細な説明がありません。
また、オープン特別も負担重量が細かく分類されており、これ以上は私には説明できません。
障害重賞に出走しようと思ったら、平地のオープン特別か重賞で叩いてからということになるかもしれませんね。

しかしホーカーテンペストがそれをやってしまうと、せっかく慣れた障害競走の緩いペースで走れなくなってしまいそうですよね。
そんな心配が現実になるように走ってくれたら嬉しいです(爆)。


中山競馬場 第7号障害 大生垣 通称”赤レンガ”


ポチッと押していただけると嬉しいです。
関連記事

category: ▲馬の雑談

tb: --   cm: 2

コメント

よく分からないのは

なるほど。
詳しく調べていただいたので、だいぶ分かってきました。
ありがとうございます。

でも、よく分からないのは斤量が他馬より+4キロだったとして、それがどのくらい影響するかってことです。
平地では1キロで1馬身なんて言いますが、やっぱ飛越があるぶん影響が大きいのかな?
でも厳しいスピード勝負にならなければ影響は小さいって気もするし‥‥。

まぁ1番心配なのは思いほど飛越が低くなりそうなとこなんですけどね。(笑)

稲妻利一 #RPP6IxVA | URL
2016/11/01 03:08 | edit

■稲妻さん。

そうなんですよね。
乗馬ならば斤量が70kg以上でも高さ1m以上の障害を跳びます。
そもそも、障害競走の斤量が重いのは馬が跳び過ぎないようにということらしいんですよね。

飛越に関しては斤量は影響しないと思います。
やはり平地の部分で差が出るんじゃないでしょか?

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2016/11/01 19:18 | edit

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ