今週の動向(16年43週)大跳びです。  

クロフネ、大跳びのストライド走法でスピードを感じないさせない馬でした。

2001年 武蔵野S(GⅢ)


エルデュクラージュも大跳びで、父クロフネに似ています。

entry894 2歳馬近況(16年8中旬)エルデュクラージュ


古馬から順に、週中に触れなかった馬について書いてみます。


■ベルプラージュ (5歳 1000万下)
尾形充厩舎在厩
【回避】10/29 (土) 東京9R 国立特別 (1000万下) 芝1400m

今週の出走は見送られました。
来週の競馬を目指すそうです。

今週は週末のエルデュクラージュ、来週のエピカリスが楽しみだったのですが、ベルプラージュのことが気になってしまい浮かれる気分になれなかったんですよねぇ。
来週の競馬。。。番組表を見ると、使えそうなのはサーブルオールが勝つ予定のレースしかないですが?


■プルガステル (4歳 500万下)
NF天栄在厩
坂路でF13~14秒で乗られているので脚元は安定しているのでしょうが、球節の状態を心配しるコメントは出続けています。
もしパンクしてしまった時に批判を避けるための”予防線”なのかもしれません。
いちおう書いておきますが、予防線を張ることを批判しているわけではありません。

10/5に更新された静止画を見ると、銜はリングです。
気性面は相変わらず元気なようですね(笑)。
馬体だけを見れば500万下にいる馬じゃないんですがねぇ。
この馬は苦しくなると走るのをセーブする傾向があります。
まァ、頭の中はアレじゃないんですよ(爆)。
上手くハマれば走るはずなんですけど、上手く行きません。


■サーブルオール (3歳 1000万下)
萩原厩舎在厩
11/6 (日) 東京8R 3歳上1000万下 芝1600mを予定

次走について、正式にアナウンスがありました。
このレースを使うということは2ヶ月前に決まっていたのでしょうが、のらりくらりと明言を避けてきましたね。
今週のコメントでもまだ『つもり』という表現ですわ。

19日に美浦トレセンへ帰厩し、26日に一週前追い切りが行われました。
古馬準OPのサヴァティアーノ(一杯)を馬也で1.0秒追走し、0.1秒先着。
NF天栄の坂路動画を見ればこれぐらい動いて当然ということですかね。
騎手は誰になるのか?
同日の新馬戦に昨年の第1次募集で落選っしたパルフェクォーツ(ピューリティーの14)が出走を予定しており、鞍上はルメール騎手のようです。
サーブルオールは2ヶ月前からこの日に使う話があったんですから、当然ルメール騎手にオファーを出していると思いますが!?

日曜日の京都5R新馬戦(芝1800m)に、サーブルオールの半弟アドマイヤプリヴが出走します。
先週の追い切りでは今年の阪神大賞典を勝ったシヴァルグランに先着したそうで、この馬も走りそうです。
友道師は『まだ先の馬だとは思うが、素質は感じる』とコメントしているようですね。
一つ前のレースでエルデュクラージュに勝ってもらい、気楽に観戦したいです。


■アジュールローズ (3歳 オープン)
NF空港在厩
アジュールローズが勝ったプリンシパルS。
2着のマイネルラフレシアが10/23の甲斐路S(1600万下)を勝ちオープンへ。
3着のゼーヴィントがラジオNIKKEI賞(GⅢ)を勝ち、セントライト記念(GⅡ)が2着だったのは既にご存知でしょう。
他の馬を気にしても仕方ないのですが、なんか焦りますね。


■エピカリス (2歳 オープン)
萩原厩舎在厩
11/1 (火) 門別10R 北海道2歳優駿 (JpnⅢ) ダ1800mをC.ルメール騎手で予定

27日に美浦を出発し、28日に門別競馬場に到着しているはずです。
萩原師、今週もネガティヴコメントでした。
26日の追い切りでの動きがピリッとしてなかったと。
エピカリスはデビュー戦後1週間経った水曜日はNF天栄に居たわけですから単純に状態を比較できないと思うんですけどねぇ。
26日の追い切りを天栄の木實谷場長が一緒に観て同じように感じたなら問題だと思いますが、果たしてどうだか?

エピカリス、ネットでは競馬ファンが来年はUAEダービーとか米三冠とか景気の良い話をしていますね。
厩舎の先輩であるオーブルチェフは2歳時にダートを4連勝してUAEダービー、米三冠挑戦(2012年)というプランがありましたが、故障してしまい行けずに終わりました。
また、同じく厩舎の先輩であるレーザーバレットは、実際にUAEダービー(2011年)に出走しました。
ここで重要なのは、オーブルチェフもレーザーバレットも、馬主がラニと同じノースヒルズだということ。

エピカリス、海外で勝負になるとかならないとか以前に、私は ”ない” と思います。
なお、北海道2歳優駿の出走確定は29日です。


■バリングラ (2歳 新馬)
堀厩舎在厩
27日に美浦トレセンへ帰厩しました。
年内にデビューさせられればというイメージで美浦に戻したようです。
間に合うようならばムーア騎手が日本にいるうちに使って欲しいですね。
もちろんルメール騎手でもM.デムーロ騎手でもO.Kです。
ゲート試験は終わっていますし、NFしがらきで乗り込まれていたので、ムーア騎手でのデビューは叶うんじゃないでしょうか?

堀師、どの条件が合うかは今後の動きを見てからとのこと。
春先にPOG本で”馬体を見るとダート馬”ということが書いてありましたが、エルデュクラージュと同じで前肢の捌きを見ると芝馬だと思うんですよねぇ。

馬名を今からエバリングラに変更できませんかね、そのほうが走る気がします(爆)。


2016.3.25 更新 NF空港
※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。


■エルデュクラージュ (2歳 新馬)
池添学厩舎在厩
【確定】10/30 (日) 京都4R 2歳新馬 ダ1800m 松山騎手 55㎏

後ほど『出走確定』をentryします。


ポチッと押していただけると嬉しいです。
関連記事

category: 今週の動向

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ